株式会社西原ネオ

2022/07/21
【排水処理施設の運転管理をDX化】デジタル日報で運転管理をスマートに

製品ニュース   掲載開始日: 2022/07/21

排水処理施設の運転管理は測定機器の自動化・IoT化を進めても、毎日の測定や観察は欠くことはできず、行政との取り決めにおいては点検した記録を保管する義務もあることから、点検日報はどの施設においても必要なものとなっています。
特に工場廃水処理施設などの民間の施設において、廃水専属の職員がいない施設では日常点検記録のまとめや保管等の業務にかかる負担も大きく、残業規制や働き方改革が求められる中での課題でもあります。
西原ネオではこの排水処理施設の点検日報をタブレット入力によりデジタル化して、業務負担を減らしながら効率的に運転管理が行えるN-MOSデジタル日報サービスを提供しています。
日報デジタル化によりデータの共有化、異常の見逃し防止、自動グラフ化による傾向の把握など他のメリットもあります。
詳しくはN-MOSデジタル日報サービスのカタログをご覧ください。

関連リンク

関連製品情報

N-MOS排水処理運転管理支援サービス<遠隔監視・デジタル日報>
N-MOS排水処理運転管理支援サービス<遠隔監視・デジタル日報> 製品画像
”排水処理施設のDX化” 遠隔監視や日報のデジタル化などIT技術を活用して排水処理施設の運転管理をサポートするサービスです。

IoT機器、クラウドなどのデジタル技術と西原ネオの排水処理に関するノウハウをMIXして排水処理の運転管理をリモート支援します。 ・N-MOS遠隔監視サービス IoT化した計測機器とクラウドを利用し排水処理施設の運転データを見える化 →遠隔からのデータ閲覧で情報を共有し監視体制を強化します。 異常傾向の検出・トラブル時に自動で注意喚起 →迅速な初動対応で事故の未然防止や被害拡大を防止します。 ・N-MOSデジタル日報サービス 手書きの日報データをタブレット入力でデジタル化 →IoT化されていないデータを集約し情報共有・監視体制強化が可能です。 デジタル化されたデータを自動集計・グラフ化 →データ整理業務を省力化し、働き方改革にも寄与します。 ※カタログは西原ネオ特設ページよりダウンロードしてください。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
添付資料
お問い合わせ内容  必須
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社西原ネオ