日東金属工業株式会社

八潮工場

【ハンドブック】un規格 危険物容器 小型容器 鋼板ドラム 解説書

最終更新日: 2019/03/01

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

国連勧告の危険物容器のうち、鋼製ドラム(金属製の容器)について解説いたします。
「un規格 危険物容器 小型容器 鋼板ドラム 解説書」では、国連勧告の危険物容器(小型容器)のうち、鋼製ドラム(金属製の容器)について解説いたします。

解説書の内容については、「危険物船舶運送及び貯蔵規則」(昭和32年運輸省令第30号)に従っております。危険物を収納した容器を船舶を使って運送する場合、又は国外に輸出する場合には、国連勧告に基づいたunマークのついた危険物容器が必要となります。

本書は、弊社がメーカーとして製造の実績や経験からまとめた資料で、危険物の輸送や危険物容器の購入に際して、ご参考資料としてご利用ください。

用語の解説もしてあります。
「危険物」「危険物容器の検査機関」「危険物容器の種類」「鋼製ドラム」「国連勧告(un勧告)」「国連危険物輸送」「国連オレンジブック」「国連番号」「消防法」「申請書類」「申請者」「性能試験」「総質量」「容器等級」「MSDS」

○詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

関連情報

UN規格 危険物輸送ステンレス容器【PSF-UN/PSH-UN】
UN規格 危険物輸送ステンレス容器【PSF-UN/PSH-UN】 製品画像
▲注意▲
・内容物や輸送方法により法令が異なりますので、ご確認ください。
・現状の材質、構造でUN規格の認定を受けていますのでパッキン等の材質の変更や容器の改造は行わないでください。

仕様
材質:SUS304
パッキン:シリコンゴム(オプション:PTFE、フッ素ゴム)
表面処理:内外面バフ研磨
使用条件:大気圧(加減圧不可)
容器等級:I(記号X)
収納可能な液体の比重:1.4以下

詳しくは
○総合カタログ 105ページ「危険物の運搬」
○【ハンドブック】un規格 危険物容器 小型容器 鋼板ドラム解説書
をご参照ください!
無料小冊子プレゼント『ステンレス容器の検査 解説書』
無料小冊子プレゼント『ステンレス容器の検査 解説書』 製品画像
【掲載内容】

○規格容器の検査

○特注容器の検査

○検査項目
→外観検査、寸法検査、耐圧検査、気密検査、漏れ検査(リークテスト)、満水検査、浸透探傷検査、電解研磨の検査、その他の検査、圧力容器の検査

○検査書類
→検査手順書、検査成績書、添付書類

○Q&A

○お問い合せ先
ステンレス広口ボトル【PSW】
ステンレス広口ボトル【PSW】 製品画像
特注加工例
・高さを変更して容量を変える(高く・低く)
・レベル計取り付け
・表面処理(電解研磨・フッ素樹脂コーティング)
・マーキング

仕様
材質:SUS304
容量:2L、5L、10L
ガスケット:PTFE
キャップ:ネジ式
無料小冊子プレゼント『ステンレス鋼 解説書』
無料小冊子プレゼント『ステンレス鋼 解説書』 製品画像
【掲載内容】

○ステンレス鋼とは
ステンレス鋼が出来るまで・ステンレス鋼の種類と分類・ステンレス鋼の特性・その他のステンレス鋼材

○ステンレス鋼の選び方
日東金属工業が使用していますステンレス鋼・ステンレス鋼の表面仕上げ・ステンレス鋼板の板厚・ステンレス鋼の選択・主な分野と用途・ステンレス鋼の注意点

○ステンレス鋼の耐食性
ステンレス鋼の不動態化皮膜・ステンレス鋼の腐食

○その他
取扱上の注意・書類・ステンレス鋼のリサイクル・ステンレス鋼板の表面保護

○Q&A

○用語の解説

○協会、団体、問い合わせ先
無料小冊子プレゼント『ステンレス容器のバルブ類』
無料小冊子プレゼント『ステンレス容器のバルブ類』 製品画像
【掲載内容】

○バルブとは
種類・接続・駆動・選定

○バルブの種類
ボールバルブ・ダイヤフラムバルブ・タンク底バルブ・スライドバルブ(シャッター弁)・バタフライバルブ・その他
※ここに取り上げましたバルブはほんの一例です。

○Q&A
・溶剤を流したいが、耐薬品性のバルブはありますか?・分解が出来るバルブはありますか?・どんなバルブを使用していますか?・ねじ込み継手のバルブをヘルール継手に取り付けたい・流量調整がしたい・錠剤用のバルブはありますか?
【無料】小冊子プレゼント ステンレス容器『電解研磨 解説書』
【無料】小冊子プレゼント ステンレス容器『電解研磨 解説書』 製品画像
【掲載内容】
○電解研磨とは
加工方法・理論

○電解研磨の特性
耐食性・脱脂・洗浄性・発塵量の低下

○電解研磨のグレード
一般的な電解研磨・高グレードの電解研磨・電解研磨データ

○他の表面処理との違い
バフ研磨と電解研磨の違い・化学研磨・酸洗

○材料の選定
SUS304・SUS316L・2B仕上げ・BA仕上げ・素材表面のSEM像

○Q&A

○用語の解説
無料小冊子プレゼント ステンレス『フッ素樹脂コーティング解説書』
無料小冊子プレゼント ステンレス『フッ素樹脂コーティング解説書』 製品画像
【掲載内容】

○フッ素樹脂コーティングとは
加工方法・加工精度・寿命・食品安全性

○フッ素樹脂コーティングの特性
耐薬品性(耐食性)・非粘着性・非濡性(撥水性)・耐熱性と耐寒性・耐候性・すべり性(低摩耗性)・耐摩耗性・電気特性

○フッ素樹脂コーティング材の選定
耐薬品用には・耐熱用には・耐摩耗用には・電気特性には・膜厚の選定・比較表

○注意点
ピンホール(小さな貫通穴)について・ピンホールレスの膜厚・容器には面取りが必要です・母材の変色・加熱・静電気・廃棄

○Q&A

○ちょっと専門的な話

○用語の解説

○協会、団体、問い合わせ先
化粧品原料(シリコンエマルジョン)によるステンレス容器の腐食試験
化粧品原料(シリコンエマルジョン)によるステンレス容器の腐食試験 製品画像
【掲載内容】
○室温にて1ヶ月間シリコンエマルジョンを3種類のステンレスタンクにて保管
○内容物:DN-シリコンエマルジョン-10万
[結果]
○タンク1:(SUS304)
→NG 腐食により穴が開きました。
○タンク2:(SUS304バフ研磨後、電解研磨研磨)
→OK 腐食の進行が見られません
○タンク3:(SUS316Lバフ研磨)
→OK 腐食の進行が見られません

●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをご覧ください。
無料小冊子プレゼント『ステンレス容器の 証明書』
無料小冊子プレゼント『ステンレス容器の 証明書』 製品画像
【掲載内容】
[輸出関連証明書類]
○非該当証明書
○米国再輸出規制
○HSコード
[環境負荷物質関連証明書類]
○RoHS指令
○REACH規制
○グリーン調達
○PFOS PFOA規制
[その他]
○CEマーク
○食品衛生法
○MSDS

●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをご覧ください。
ステンレスボトル PS
ステンレスボトル PS 製品画像
材質:SUS304
容量:0.2L〜10L
ガスケット:PTFE
キャップ:ネジ式
ステンレス鋼・電解研磨・コーティング解説書※無料進呈中!
ステンレス鋼・電解研磨・コーティング解説書※無料進呈中! 製品画像
ステンレス容器のステンレス鋼と表面処理(電解研磨、フッ素樹脂コーティング)について解説した、ステンレス容器に関する情報が満載の解説書です!

●社内勉強会・新入社員研修にもご活用いただけるよう、冊子を無料進呈致しております。
公式サイトよりお申し込みください!
http://www.nitto-kinzoku.co.jp/sasshi
耐薬品性に優れたステンレス広口ボトル【PSW】
耐薬品性に優れたステンレス広口ボトル【PSW】 製品画像
特注加工例
・高さを変更して容量を変える(高く・低く)
・レベル計取り付け
・表面処理(電解研磨・フッ素樹脂コーティング)
・マーキング

仕様
材質:SUS304
容量:2L、5L、10L
ガスケット:PTFE
キャップ:ネジ式
【ハンドブック】un規格 危険物容器 小型容器 鋼板ドラム解説書
【ハンドブック】un規格 危険物容器 小型容器 鋼板ドラム解説書 製品画像
【掲載内容】
○概要
○第1章 危険物容器とは
○第2章 危険物容器(小型容器)の鋼製ドラムとは
○第3章 危険物容器(小型容器)の製作
○第4章 Q&A
○第5章 用語の解説
○第6章 関係省及び協会、団体
○第7章 問い合せ先

この資料はダウンロードにてすぐにご覧いただけます。
【新刊!無料進呈!】 ステンレス容器総合カタログ
【新刊!無料進呈!】 ステンレス容器総合カタログ 製品画像
【掲載内容】
○撹拌・温調ユニット(撹拌容器)
○撹拌容器
○貯蔵容器・台車
○標準部品
○ボトル・器具類
○機能別容器
○オプション部品
○貯蔵・排出用容器
○撹拌容器
○ジャケット容器
○加圧容器
○アクセサリー
○オプション加工
○技術・資料
○会社案内
【無料小冊子】『un規格 危険物容器 解説書』
【無料小冊子】『un規格 危険物容器 解説書』 製品画像
【掲載内容】

○危険物容器とは
危険物とは・危険物を調べるには・危険物のクラス (分類)
○危険物容器(小型容器)の鋼製ドラムとは
どんな危険物を入れる容器なのか・危険物を入れたい容器の種類を決めるときは・容器の種類、形状は・普通の容器との区別は・容器に表示されたunマークの有効期間・危険物や容量など適合した容器がない場合・製造出来る個数、または期間
○危険物容器(小型容器)の製作
申請書類の作成・性能試験・合否の判定・危険物容器検査証の交付・unマーク管理表の提出・時間と費用
○Q&A
この薬液を入れたいのだけれど大丈夫・購入した容器の修理や改造をしたい・日東金属工業の汎用容器を危険物容器として使用したい・容器内面の処理をしたい・後からバルブを追加したい・入れてはいけない物・unマークのいらない危険物は・日東金属工業で性能試験が出来ない容器は
○用語の解説
○関係省庁及び協会、団体

この資料はダウンロードにてすぐにご覧いただけます。
【新刊!】今さら聞けない『ステンレス容器の配管用継手』
【新刊!】今さら聞けない『ステンレス容器の配管用継手』 製品画像
【掲載内容】

第 1 章 容器と設備をつなぐ陰の立役者!各継手の特長をご紹介
    1-1 へルール継手
    1-2 ねじ込み継手
    1-3 フランジ継手
    1-4 チューブ継手
第 2 章 各継手のメリット・デメリット一覧
第 3 章 目的別!継手の選定ガイド
    部品等を取り外すことがある / 部品の数を少なくしたい / コンタミや異物混入を防ぎたい/コストを抑えたい / がっちり固定したい / チューブを取り付けたい
第 4 章 継手の取り付け事例
    4-1 アルコール供給容器
    4-2 100ml加圧容器 ヘルールタイプ
    4-3 加温ジャケット付傾斜底容器
    4-4 薬液噴霧用圧力容器
第 5 章 よくある質問
第 6 章 用語の解説
無料小冊子プレゼント「ステンレス容器の証明書類」
無料小冊子プレゼント「ステンレス容器の証明書類」 製品画像
【掲載内容】
[輸出関連証明書類]
○非該当証明書
○米国再輸出規制
○HSコード
[環境負荷物質関連証明書類]
○RoHS指令
○REACH規制
○グリーン調達
○PFOS PFOA規制
[その他]
○CEマーク
○食品衛生法
○MSDS

●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをご覧ください。
ステンレス鋼・電解研磨・コーティング解説書※無料進呈中!
ステンレス鋼・電解研磨・コーティング解説書※無料進呈中! 製品画像
ステンレス容器のステンレス鋼と表面処理(電解研磨、フッ素樹脂コーティング)について解説した、ステンレス容器に関する情報が満載の解説書です!

●社内勉強会・新入社員研修にもご活用いただけるよう、冊子を無料進呈致しております。
公式サイトよりお申し込みください!
http://www.nitto-kinzoku.co.jp/sasshi
化粧品原料によるステンレス容器の腐食試験
化粧品原料によるステンレス容器の腐食試験 製品画像
【掲載内容】
○室温にて1ヶ月間シリコンエマルジョンを3種類のステンレスタンクにて保管
○内容物:DN-シリコンエマルジョン-10万
[結果]
○タンク1:(SUS304)
→NG 腐食により穴が開きました。
○タンク2:(SUS304バフ研磨後、電解研磨研磨)
→OK 腐食の進行が見られません
○タンク3:(SUS316Lバフ研磨)
→OK 腐食の進行が見られません

●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをご覧ください。
【新人教育・社内勉強用にも!】ステンレス鋼と表面処理の基礎知識
【新人教育・社内勉強用にも!】ステンレス鋼と表面処理の基礎知識 製品画像
【掲載内容】
~ステンレス容器のステンレス鋼 解説書~
○概要
○第1章 ステンレス鋼とは
○第2章 ステンレス鋼の選び方
○第3章 ステンレス鋼の耐食性
○第4章 その他
○第5章 Q&A
○第6章 用語の説明
○第7章 協会、団体、問い合わせ先
~ステンレス容器への電解研磨 解説書~
○概要
○第1章 電解研磨とは
○第2章 電解研磨の特性
○第3章 電解研磨のグレード
○第4章 他の表面処理との違い
○第5章 材料の選定
○第6章 Q&A
○第7章 用語の解説
○問い合わせ先
~ステンレス容器へのフッ素樹脂コーディング 解説書~
○概要
○第1章 フッ素樹脂コーディングとは
○第2章 フッ素樹脂コーディングの特性
○第3章 フッ素樹脂コーディング材の選定
○第4章 注意点
○第5章 Q&A
○第6章 ちょっと専門的な話
○第7章 用語の解説
○第8章 協会、団体、問い合わせ先

カタログ 一覧(241件)を見る