株式会社ノイズ研究所(NoiseKen)

減衰振動波試験器 SWCS-931SD

最終更新日: 2019/05/14

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

減衰振動波試験器 SWCS-931SD
・各メーカー規格

・半導体スイッチを採用し高精度を実現しました。
・繰り返し周波数は0.4 〜400Hz の範囲で可変できます。
・カップリングコンデンサの切替えが容易に行えます。

関連情報

減衰振動波発生器 SWCS-931SD/SWCS-932S4
減衰振動波発生器  SWCS-931SD/SWCS-932S4 製品画像
【SWCS-931SD】
・最大電圧1.5kV、繰り返し周期0.4Hz~400Hzまで可変
・出力抵抗50~200Ωまで可変 (10Ωstep)

【SWCS-932S4】
・ANSI/IEEEC37.90-1-1989及びIEC Pub255-4に準拠
・最大電圧4kV、発生部はフローティング方式採用
減衰振動波発生器 SWCS-900 シリーズ
減衰振動波発生器  SWCS-900 シリーズ 製品画像
電力規格B-402 (2007) およびIEC61000-4-18 (Ed.1.0) (1MHzのみ)規格に準拠した減衰振動波イミュニティ試験を行なうための減衰振動波発生器です。

*詳しくは、お問合せもしくはカタログをご覧ください。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社ノイズ研究所(NoiseKen)

カタログ 一覧(109件)を見る