PICOSUN JAPAN株式会社

バリア膜向けソリューション具体例・インプラントデバイス

最終更新日: 2020/12/08
ピコサンの優れたプロセス設計により、バリア性の高いコーティングを成膜

ALDは他の成膜方法と比較して高いバリア性で知られています。
しかし一方、欠点・短所・デメリットとして、成膜速度の制約があります。
ピコサンでは、独自のノウハウによりバリア性をさらに高め、他の成膜方法より極端に薄い膜厚であっても十分な性能を確保することで、生産性の問題を解決しました。
詳細は、各アプリケーションノートをご参照ください。

基本情報

『インプラントデバイス膜封止』
耐腐食性・バリア性の高いALD膜により、人体内環境でも長寿命の封止膜を実現!

• PicosunのALD(原子層堆積))技術は医療マイクロインプラント電子デバイスの保護に理想的な方法を提供します。

• Picosunの超薄膜生体適合ALDコーティングはインプラント表面に気密封止を形成します。このため繊細な電子部品を体液の腐食から守り、またインプラントからの金属イオン流出を防ぎます。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ミニ・マイクロLED・VCSEL・OLED
化合物半導体
インプラントデバイス
MEMSパシベーション
TSV/TGVめっき下地
装置部品
薬剤への徐放性付与など

お問い合わせ

PICOSUN JAPAN株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス