日本ピラー工業株式会社

【PTFE繊維グランドパッキン 日本ピラー工業/No.4535L】耐薬品性・耐圧性に優れ、各種ケミカルポンプ・バルブに適用します

最終更新日: 2022/06/13

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

カタログ発行日:2022/06/13

日本ピラー工業独自の高強度PTFEヤーンを新規採用!耐薬品性と耐圧性に優れ、プランジャーポンプ・回転ポンプ・バルブ等に使用可能!
【日本ピラー工業の白色PTFEグランドパッキン/No.4535L】
 ●構成
  独自の高強度PTFEヤーンを格子編みにて編組後、
  特殊潤滑剤で処理しており、各種ケミカル機器の軸封に使用できます。
 ●特長
  ・耐薬品性に優れます。
  ・往復動ポンプ、回転ポンプ、バルブ等に、汎用的に使用できます。
  ・耐圧性能にも優れています。
  ・白色であるため、汚染を嫌う流体(用途)に使用できます。

 ●性能
 【プランジャーポンプ使用時】
  温度:~200 ℃(※80℃を超える場合は、冷却が必要です。)
  流体圧力(P):~10 MPaG
  軸速度(V):~1.2 m/s
  PV値制限:12 MPaG・m/s

 【回転ポンプ使用時】
  温度:~200 ℃(※80℃を超える場合は、冷却が必要です。)
  流体圧力(P):~0.8 MPaG
  軸速度(V):~8 m/s
  PV値制限:4.9 MPaG・m/s

 【バルブ使用時】
  温度:-29~+260 ℃(※パッキン部温度は、150℃以下)
  圧力:~10.3 MPaG(クラス600)

関連情報

【高機能!白色系PTFE繊維グランドパッキン No.4535L】
【高機能!白色系PTFE繊維グランドパッキン No.4535L】 製品画像

【ピラー No.4535L 主要諸元】
 ※往復動ポンプ・回転式ポンプ・バルブ用として
  汎用的にお使いいただけます。

 <プランジャポンプ使用時>
 ・流体温度:~+200 ℃
     (80℃を超える場合は、冷却が必要です)
 ・流体圧力(P):~10 MPaG
 ・軸速度 (V):~1.2 m/s
 ・PV値制限:12 MPaG・m/s

 <回転ポンプ使用時>
 ・流体温度:~+200 ℃
     (80℃を超える場合は、冷却が必要です)
 ・流体圧力(P):~0.8 MPaG
 ・軸速度 (V):~8 m/s
 ・PV値制限:4.9 MPaG・m/s

 <バルブ使用時>
 ・温度:-29~+260 ℃
     (パッキン部温度は、150℃以下とする。)
 ・圧力:~10.3 MPaG(クラス600)

【詳細は、ダウンロードカタログでご確認ください。】

【日本ピラー工業のケミカルポンプ対応!グランドパッキン製品群】
【日本ピラー工業のケミカルポンプ対応!グランドパッキン製品群】 製品画像

【製品スペック】
●No.4526L
 流体温度:~260℃(80℃を超える流体には、冷却が必要)
 流体圧力:~1.6MPaG
 軸周速 :~16m/s
 PV値  :~14.7MPaG・m/s
 流体pH :2~14(参考)

●No.4536WL
 流体温度:~260℃(80℃を超える流体には、冷却が必要)
 流体圧力:~1.0MPaG
 軸周速 :~10m/s
 PV値  :~6.5MPaG・m/s
 流体pH :2~13(参考)

●No.4527L
 流体温度:-100~260℃(80℃を超える流体には、冷却が必要)
 流体圧力:~1.2MPaG
 軸周速 :~20m/s
 PV値  :~12.3MPaG・m/s
 流体pH :0~14(参考)

●No.4535L
 流体温度:~200℃(80℃を超える流体には、冷却が必要)
 流体圧力:~0.8MPaG
 軸周速 :~8m/s
 PV値  :~4.9MPaG・m/s
 流体pH :0~14(参考)
 ※No.4535Lは、往復動ポンプ・バルブにも適します。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

日本ピラー工業株式会社

ページの先頭へ