有限会社プランネットエンジニアリング

ザグリ底コーナーRの変更による金属加工のコストダウン事例

最終更新日: 2019/04/03

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

コストダウン実現!切削工具を交換する必要がなくなりビビリが生じることも抑える
リーマボルトの加工でφ12H7のザグリ底がR1となっている図面があります。
こちらのR1を加工するためには、別の切削工具に交換する必要があります。
ボーリングチップのノーズRのものを使用しますが、R1以上のものは

一般的ではない上に、ビビリが生じやすく加工の難易度が上がり歩留まりにも
影響がでます。したがって、機械部品のコストアップの要因となります。

機構上問題が無ければ、φ12H7のザグリ底をR1以下にすることにより
ボーリングのノーズRで加工が可能となります。

これにより、切削工具を交換する必要がなくなり、ビビリが生じることも
抑えることができます。したがって、機械部品のコストダウンとなります。

【事例】
■内容:ザグリ底コーナーRの変更による金属加工のコストダウン
■課題:歩留まりにも影響がでるため機械部品のコストアップの要因になる
■提案:φ12H7のザグリ底をR1以下にする
■用途:コストダウン、切削加工、マシング加工、旋盤、精密加工

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連情報

ザグリ底コーナーRの変更による金属加工のコストダウン事例
ザグリ底コーナーRの変更による金属加工のコストダウン事例 製品画像

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

有限会社プランネットエンジニアリングへ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ