ピーエスイージャパン

最新ニュース

注目製品情報

  • 粉体プロセスシミュレーションソフト『gSOLIDS』 製品画像
    粉体プロセスシミュレーションソフト『gSOLIDS』
    粉体プロセスシミュレーションソフト「gSOLIDS」は、米国P&G社との共同で開発したモデリングツールです。最近では製薬業界において、バッチから連続生産へ移行されつつあり、プロセスの設計や制御システムの検討等に使われています。 連続生産プロセスでは高度な品質管理(PAT、QbD、RTRT)、少量多品種生産への対応が可能になりますが、同時に高精度なプロセスモデリング技術が不可欠となります。 「プラントの建設費を削減したい」「既存プラントでの生産量をあげたい」 「製品品質(粒度分布)を向上させたい」など、お気軽にお問い合わせください! 【特長】 ■定常、及びダイナミック(動的)シミュレーションが可能 ■複数のリサイクルストリームも容易に取り扱える ■プラント設計、運転方法の最適化検討が行える ■プロセス機器性能を、試験データから同定、推定できる ■バッチプラント運転手順のグラフィカルな表示が可能 ■gCRYSTAL晶析プロセス解析ライブラリとの連係が可能 ■gCOAS経口吸収解析ライブラリとの連係が可能 ※製品の詳細は、下記よりPDFをダウンロードしてご覧ください。
  • gPROMS gFORMULATE 製品画像
    gPROMS gFORMULATE
    gPROMS Formulated Productsでは、反応、結晶、湿式及び乾式粉砕、噴霧乾燥、湿式及び乾式造粒、ブレンドおよび錠剤の打錠などの操作のためのプロセスモデルのライブラリを搭載しております。 製薬プロセスに適用した事例では、原薬製造から製剤プロセスを経て、経口吸収のリスク解析まで、一貫したシステム全体のパフォーマンス解析が可能です。 ■gCRYSTAL - 溶液晶析解析用 ■gSOLIDS - 固液・固気分離、分級、造粒プロセス ■gCOAS – 経口吸収解析 当製品はファイザー、イーライリリー、グラクソ・スミスクライン、ロシュ社殿の協力を得て開発されました。 原料、ユニット操作および製品性能の数理モデルの使用により、医薬品および医薬品の処方及び製造の最適化のための製剤設計が可能です。インビボ(in vivo)性能および製造可能性を含む品質特性に対して、新しい製剤処方をより迅速にスクリーニングできます。
  • シミュレーションソフトウェア『gPROMSプロセスビルダ』 製品画像
    シミュレーションソフトウェア『gPROMSプロセスビルダ』
    プラント設計・機器サイジング、プロセス検討や運転最適化において 既存のプロセスシミュレータは、数値解を求めるための収束性の良さや 対応できるプロセスの制約、プロセスモデルのカスタマイズ(モデルの拡張性)等の点でまだまだ改良の余地があるとPSEは考えています。 より高度で付加価値の高いプロセスプラントの設計、最適化検討のニーズに応える為に開発された、プロセスシミュレーションソフトウェアが『gPROMS Process Builder』です。 【特長】 *用途向けのライブラリ *Drug&Dropによるフローシートの作成 *gPROMS言語による高精度なカスタムモデル作成・編集機能 *定常シミュレーションのモデルからダイナミックシミュレーション  モデルへの同環境での設定変更 *強力な最適解探索・解析機能 *グローバルシステム分析(GSA) *高性能コンピューティング(HPC) ★2冊の「事例資料」をダウンロードからご覧頂けます。 バッチプロセス最適化で高価値製品の提供、経費削減を実現した事例や 全プラントの最適化でコスト削減に成功した事例を掲載しております。

ページの先頭へ