株式会社クオリティデザイン

実験計画法とは

最終更新日: 2017-05-08 11:50:16.0

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

製薬業界においてQbD、特にデザインスペースに用いられる実験計画法、できるかぎり分かりやすくまとめました。
1. はじめに
2. 実験計画法: 種類と概要

クオリティ・バイ・デザイン(QbD)構築は決して特別な作業ではありません。熟練された技術者の長年の経験と勘で培われた製剤技術をサイエンスベースに基づいて視覚化するための手段です。

多変量統計解析・実験計画ソフトウェアを用いることで重要工程パラメータ(CPP)、重要品質特性(CQA)の見える化が可能になり、デザインスペースを作成します。

関連情報

多変量統計解析ソフトウェア『The Unscrambler X』

【機能】
■多次元スペクトルの低次元化
■スペクトルの相関解析
■混合スペクトルのピーク分離
■リアルタイムモニタリング
■デザインスペース構築

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

『先進的な制御による連続生産プロセス』資料進呈 ※デモ受付中

【主な用途例】
◎原料の識別     ◎造粒前のプレブレンド  ◎粉体層の乾燥工程
◎造粒後のミリング  ◎連続ブレンド工程    ◎連続ブレンド工程
◎錠剤の打錠工程   ◎製剤コーティング など

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

QbD/PAT統合管理システム『synTQ』

【接続可能PATツール例】
[Analyzer:Analyzer Model]
■Brimrose:2060 family
■Bruker:Matrix F (complete with multi-head support)
■Bruker:Matrix I
■Bruker:Matrix MF
■Bruker:MPA
■ViaviSolutions:MicroNIR
■Kaiser:All post 2004 up to RXN4 Hybrid
■Malvern:Insitec, Parsum
■Mettler Toledo:Lasentec FBRM RS232
■Mettler Toledo:Lasentec FBRM Ethernet

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

実験計画法とは

【その他掲載内容(抜粋)】
■フィッシャーの三原則
■一般的な実験計画法(DoE)の種類
■実験計画法の計算式
■データの平均値中心化と規格化
■有意水準

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

株式会社クオリティデザインへ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
動機  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ