株式会社クオリティデザイン

多変量統計解析 トレーニングセミナー

最終更新日: 2018-11-02 17:12:26.0

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

カタログ発行日:2018/2

ビッグデータに隠された情報と相互関係の発見、解明に威力を発揮し、様々な分野の問題を迅速に解決しています。
多変量解析を用いた理論と実例

産業界、研究界で希求される多変量解析の運用能力。本コースでは、複雑なデータの関係性の速やかな解釈、最新の多変量解析技術の業務応用能力を獲得できます。数学的な説明は最小限に抑え、実践的な内容です。本コースを修了されると、多変量解析を使った製品・プロセスの最適化、差異分析・分類、予測定量をスムーズに業務応用できます。

取扱テーマ・特長:

多変量解析の基礎
原理の知識と実践の土台づくりに役立ちます。理論の講義の他、実データを用いた解析も行います。

・多変量解析とは
・主成分分析:PCA
・アウトライヤー(外れ値)
・データのチェック
・回帰分析
・バリデーション
・未知試料の予測
・回帰分析でのアウトライヤー
・変数の選択

関連情報

多変量統計解析 トレーニングセミナー
多変量統計解析 トレーニングセミナー 製品画像

日程・開催場所:
開催予定に随時掲載します。
【1日目】10:00~17:30、【2日目】9:30~17:30
※使用ソフト、講義とも日本語
※2日間のトレーニングを終了された方には、修了証を発行します。
※開催時間は変更になる場合があります。詳細は弊社までお問合せください。

定員: 25名
最少催行人数4名(中止する場合は、申込締切後、直ちにお知らせします。)

多変量統計解析ソフトウェア『The Unscrambler X』
多変量統計解析ソフトウェア『The Unscrambler X』 製品画像

【機能】
■多次元スペクトルの低次元化
■スペクトルの相関解析
■混合スペクトルのピーク分離
■リアルタイムモニタリング
■デザインスペース構築

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

実験計画法とは
実験計画法とは 製品画像

【その他掲載内容(抜粋)】
■フィッシャーの三原則
■一般的な実験計画法(DoE)の種類
■実験計画法の計算式
■データの平均値中心化と規格化
■有意水準

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

多変量統計解析とは
多変量統計解析とは 製品画像

【トレーニングセミナーのご案内】
■コース名
「多変量統計解析の理論と実例レベル1、レベル2 」
■トレーニングコースの内容
・理論の講義の他(約4割)、実データを用いた解析(約6割)
・講義は産総研所属の多変量統計解析専任講師が担当
■開催場所、日程
・東京、大阪にて年3、4回の開催予定

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

統合システムを用いた工程因子によるバイオ医薬品バッチ解析管理例
統合システムを用いた工程因子によるバイオ医薬品バッチ解析管理例 製品画像

※詳しくはPDFをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

『QbDデータの取扱い及び分析のトレンド』【※解説資料進呈】
『QbDデータの取扱い及び分析のトレンド』【※解説資料進呈】 製品画像

オーケストレーションシステムsynTQの特徴
・ベンダーニュートラル
・規格準拠
・接続性
・データの統合
・セキュリティ
・簡単に使用可能
・リアルタイム製品リリース(RTRtの実現)
・1クリックでスタート

リアルタイム 近赤外分光ユニット『LUMINAR シリーズ』
リアルタイム 近赤外分光ユニット『LUMINAR シリーズ』 製品画像

【仕様】
■操作レンジ:1100nm-2300nm
■スペクトルデータ
 ・精度:±0.5nm
 ・再現性:±0.01nm
 ・解像度:2-10nm
 ・スキャンスピード:16,000波長/秒(毎秒26スキャン)
■出力:アナログ、デジタル(16bitA/D)+モジュール
■操作温度:0~60℃
■動作OS:Windows/マクロ言語を分析ソフトに使用
■電源:90-250VAC, 47~63Hzまたはバッテリー駆動

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

QbD/PAT統合管理システム『synTQ』
QbD/PAT統合管理システム『synTQ』 製品画像

【接続可能PATツール例】
[Analyzer:Analyzer Model]
■Brimrose:2060 family
■Bruker:Matrix F (complete with multi-head support)
■Bruker:Matrix I
■Bruker:Matrix MF
■Bruker:MPA
■ViaviSolutions:MicroNIR
■Kaiser:All post 2004 up to RXN4 Hybrid
■Malvern:Insitec, Parsum
■Mettler Toledo:Lasentec FBRM RS232
■Mettler Toledo:Lasentec FBRM Ethernet

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

MicroNIR OnSite 携帯型近⾚外分光装置
MicroNIR OnSite 携帯型近⾚外分光装置  製品画像

■主な仕様
分光法式 LVF(Linear Variable Filter)
検出器 インライン InGaAs
光源 ハロゲンランプ
波⻑範囲 950-1650nm(10526.32-6060.61cm-1)
最⼩分解能 6.2nm(固定)
測定チャネル 1 チャネル
950-1650nm 領域測定時 最少にて 10μ秒/スキャン
対応多変量解析ソフトウェア The UnscrumblerX(.unsb)、GRAMS(.spc)
管理⽤パソコンシステム⽤通信出⼒ USB 2.0
防塵防⽔ IP65 準拠
振動衝撃耐性 MIL-PRF-28800F Class 2
周囲温度・湿度 -20〜+50℃、結露なきこと
電源 内部︓5V DC, 0.5A
本体質量 約 200g

『先進的な制御による連続生産プロセス』資料進呈 ※デモ受付中
『先進的な制御による連続生産プロセス』資料進呈 ※デモ受付中 製品画像

【主な用途例】
◎原料の識別     ◎造粒前のプレブレンド  ◎粉体層の乾燥工程
◎造粒後のミリング  ◎連続ブレンド工程    ◎連続ブレンド工程
◎錠剤の打錠工程   ◎製剤コーティング など

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

【技術セミナー】最新のデータ解析とPATデータマネジメント
【技術セミナー】最新のデータ解析とPATデータマネジメント 製品画像

【展示会開催内容】
展示会名:インターフェックスジャパン
日時  :6月27日(水) 15:00~16:00
会場  :東京ビッグサイト
ブース :E-1(東 1 ホール内)

※詳しくはPDFをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

QbD/PAT統合管理システム『synTQ』 ワークショップ案内
QbD/PAT統合管理システム『synTQ』 ワークショップ案内 製品画像

【ワークショップ内容 一部紹介】
■CHAUVIN ARNOUX INDATECH 社製
 ラマン分光器Viserion 測定デモの実演
■synTQ デモンストレーション:シーケンサーのセンサーの接続/連動例

【接続可能PATツール例】
[Analyzer:Analyzer Model]
■Brimrose:2060 family
■Bruker:Matrix F (complete with multi-head support)
■Bruker:Matrix I
■Bruker:Matrix MF
■Bruker:MPA
■ViaviSolutions:MicroNIR
■Kaiser:All post 2004 up to RXN4 Hybrid
■Malvern:Insitec, Parsum
■Mettler Toledo:Lasentec FBRM RS232
■Mettler Toledo:Lasentec FBRM Ethernet

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

お問い合わせ

株式会社クオリティデザインへ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ