九州計測器株式会社

光ファイバ式水素センサ_Hydlog10

最終更新日: 2022/04/27

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

カタログ発行日:2015/1/7

本質安全防爆の光ファイバを使った水素センサ、多チャンネル同期計測に対応
センサヘッドには水素に選択的反応を示す合金薄膜を採用し、他の低質量ガスに反応することのない「誤検知がないセンシング」を実現します。電気を使わない光ファイバを利用しているため、高濃度の水素環境下へ設置が可能です。さらに、小型センサヘッドの利点を活かした多チャンネル同期計測(ex.水素拡散モニタリング)は水素エネルギーの実証実験に有用です。

関連情報

水素可視化システム Hydlog15
水素可視化システム Hydlog15 製品画像

水素に触れると金属色から無色透明に変化する特殊な合金薄膜をセンサーヘッドに用い、レーザー光による反射率から水素検知を確認する多点同期計測システム。
光計測による本質安全防爆であるため、センサーサイズの小型化および100%水素雰囲気下でも安全に水素拡散・挙動が観測可能。

光ファイバ式水素センサ_Hydlog10
光ファイバ式水素センサ_Hydlog10 製品画像

センサヘッド(合金薄膜)とセンサ本体が光ファイバーでつながっており、
合金薄膜の特性で水素に触れると透明になる性質を光計測(反射率)で記録する。

【高感度水素選択センサモジュール】Hydlog20
【高感度水素選択センサモジュール】Hydlog20 製品画像

本製品は北九州市未来開発助成事業において実証開発されました。
センサモジュールをつかった事例として、
土中(ハンドホール)からの水素漏れ検知があります。
【その他の特長】
リークポイントの形状にあわせた筐体や吸引式も試作があります。

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

九州計測器株式会社

ページの先頭へ