九州計測器株式会社

水素検知器 Hydlog10

最終更新日:2017-03-27 15:37:40.0

  • カタログ

【水素のみ検知】調光薄膜式の水素記録計

電気を使わないセンサヘッドは防爆仕様にする必要がなく、安価に多点で水素を捉えます。

〇1000ppm~水素に検知
〇水素にのみ選択反応
〇市販の記録計(データロガー)に対応
〇無酸素環境下ではさらに応答性があがる
〇水素プローブとして既存設備に組込み+モジュール利用も簡単。

実演&デモ機貸し出しも随時行っております。

水素検知器 Hydlog10 製品画像
水素検知器 Hydlog10 製品画像
Hydlog10は、検知部-検知本体との間が光ファイバーでつながっており、検知部にとりつけられた水素可視化シートが水素に触れた際、透明になる性質を光学的変化を検知本体が捉えます。
価格
価格帯 10万円以上 50万円未満
納期 お問い合わせください
発売日 取扱い中
型番・ブランド名 Hydlog10
用途/実績例 ◆燃料電池研究
◆水素ステーション/整備・運搬
◆水素貯蔵施設
◆水素研究施設 全般

関連ダウンロード

水素検知器 Hydlog10

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

水素検知器_Hydlog10

水素可視化シートを応用させて当社の検知器は、検知ヘッドに電気を使わない方式のため防爆仕様の必要がありません。安価に多点計測が可能になることは、水素の拡散モニタリングにも応用できます。

水素可視化システム Hydlog15

光ファイバーケーブルに水素吸蔵合金で検知するイメージになります。
電気をつかわないセンサヘッドは、水素ガス空間にダイレクト計測が可能です。水素拡散・漏洩の確認は宇宙開発事業で採用されており、要素技術、実証試験の分野でもご利用いただけます。

超音波水素濃度センシング技術

超音波方式の水素センサーは、他方式では捉えれない“リアルな水素”を暴いていきます。最大のウリは“連続検知がミリセックオーダー”で計測できる点。水素濃度の算出においても、重量算出方式とは違うアプローチを提案可能。
超音波方式の最大の懸念事項だった“測定環境温度”を、高精度かつ高速応答を実現するノウハウを取得。
計測ターゲットがステンレスや樹脂、測定温度の取得などに違いがあるため、こちらは都度対応、共同研究や受託対応を前提とさせていただきます。

お問い合わせ

九州計測器株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ