株式会社Rist

【3Dデータ解析】3DレーザーレーダーのAI活用

最終更新日: 2021/03/19
歩行者の存在を認識すると同時に、動体ベクトル(移動方向と移動速度)も検知します!

3Dデータ解析「DEEP MESH」では、3DレーザーレーダーのAI活用が可能です。

LIDARからのレーザーが測定対象物で反射し、戻ってくるまでの時間差
から距離をリアルタイムで測定し、物体の3次元画像を取得。

歩行者の存在を認識すると同時に、動体ベクトル(移動方向と移動速度)
も検知することが可能です。

【特長】
■3Dオブジェクトを認識・判別
■対象の各部位領域を自動で判別
■画像から物体を抽出し、各オブジェクトの境界輪郭線を認識

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報

【学習プロセス】
■実際の車体から得られた距離情報を用意
■低反射物体相当のデータに加工
■プロセス(1)/(2)のデータを元に学習

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

株式会社Ristへ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス