株式会社竜洋 本社

注目製品情報

  • 金属板金加工『タレットパンチプレス』
    株式会社竜洋 では、ステンレス鋼板やメッキ鋼鈑などへの『タレットパンチプレス』加工を行っています。 「タレットパンチプレス」による穴抜きは、データを作成し、加工機器にデータを送信(入力)することにより動作させます。 開けようと思えば、デザインによっては小さな穴をたくさん開けることができますし、大小の丸や四角の穴を開けて美しい陰影のある製品を作り出すこともできます。 【薄物板金タレパン加工】 ■丸孔・角孔・長孔 ■切欠き・打ち抜き ■突起を作る 詳しくはお問い合わせください。
  • 金属板金加工『ベンディング』
    株式会社竜洋では、短尺製品から長尺製品まで幅広く対応するために、ベンディングマシーン(3~12m材加工)を十数台取り揃えています。 多品種小ロットに対応いたします。 プレスブレーキとも呼ばれ、12mまでのプレスブレーキによって建築・建設・製造工場で使う長尺製品を製作することができます。 ヤゲンは150種類以上保有しています。 主に薄物と呼ばれている板厚の金属鋼鈑加工を行っています。 取扱い製品としましては、建築・建設関連の役物、塗装プラントに使用する金属パネル、自動車部材に使用するハイテン鋼加工品、産業用扉、バス停など、金属板金加工品を製造しています。 ビルの空調設備は設計者や開発者のご要望のチャンバーボックスを製造しており、物件ごとに異なる設計に対応したつくりのモノをお作りしています。 【特長】 ■多品種小ロット対応 ■短尺製品から長尺製品まで幅広く対応 ■ベンディングマシーン 3~12mを十数台保有 ■ヤゲンは150種類以上保有 詳しくはお問い合わせください。
  • 金属板金加工『ファイバーレーザー・CO2レーザー』
    株式会社竜洋では、金属の種類やコストや後工程での溶接や塗装の有る無しを考慮した上で、「ファイバーレーザー」か「CO2レーザー」で加工するかの判断をしています。 当社では薄物鋼鈑(6.0mm)を加工する場合には「ファイバーレーザー」、厚物(9.0~30mm程度)は「CO2レーザー」で加工しています。 メッキ鋼鈑はファイバーレーザーとの相性が良いです。 【特長】 [ファイバーレーザー] ■薄物鋼鈑(6.0mmまで)加工 ■厚物(9.0~30mm程度)加工 詳しくはお問い合わせください。

ページの先頭へ