株式会社サンコウ電子研究所

2021/11/10

掲載開始日: 2021/11/10

セミナー・イベント

【2021年12月8日~10日】第4回コーティング ジャパン(塗料・塗装設備展)出展のお知らせ

サンコウ電子研究所はこの度、2021年12月8日(水)~12月10日(金)
幕張メッセにて行われる「コーティング ジャパン」へ出展いたします。

当社はコーティングの膜厚計・ピンホール探知器・光沢計及び検査測定機器のメーカーです。
検査器・測定器のご要望・ご相談ございましたら、なんなりとお申し付けください。

既存標準品から特注品まで好適な機器をご提案させて頂きます。
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

開催日時 2021年12月08日(水) ~ 2021年12月10日(金)
会場 ■会場:幕張メッセ
■住所:〒261-8550 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
■アクセス
 ・JR京葉線「海浜幕張駅」より徒歩約5分
 ・JR総武線/京成線「幕張本郷駅」よりバス約17分
■ブース番号:48-36
参加費 無料
招待券をお持ちでない場合、入場料¥5,000/人
関連製品情報
電磁式/渦電流式両用 膜厚計『SWT9000シリーズ』 製品画像

【膜厚計の基礎知識集進呈中】専用プローブにより測定素地金属を自動認識!耐熱用など測定用途に合わせた接続プローブの選択が可能です。

サンコウ電子研究所の『SWT9000シリーズ』は、塗装/ライニング/メッキや アルマイトなどの絶縁性皮膜に用いることが出来る、膜厚計です。 測定用途に合わせ、鉄素地用プローブまたは非鉄金属素地用プローブ、 鉄・非鉄素地両用から接続プローブの選択が可能になっています。 スリムなボディ設計で手持ち作業の疲労低減。 分かりやすいガイド表示画面で操作も簡単です。 【特長】 ■専用プローブにより測定素地金属を自動認識して測定 ■統計機能内蔵 ■わかりやすいガイド表示画面 ■上限値/下限値リミット機能 ■スリムなボディ設計 ☆「膜厚計 基礎知識Q&A集」を進呈中です。 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

デュアルタイプ膜厚計 SAMAC-FN/Pro 製品画像

ポータブルなプローブ一体型膜厚計

ポータブルなプローブ一体型デュアルタイプ膜厚計 素地金属を自動で判別して測定 バックライト付で暗所での測定も可能 FN型は単機能、Pro型は高機能 Pro型は測定値・検量線メモリ機能,PCへのデータ転送 ・測定方式:電磁式・渦電流式両用 ・測定範囲:0~900μm~2.5mm(鉄素地)2.0mm(非鉄金属素地) ・測定精度:±1μmまたは±3% ・表示方式:LCDデジタル ・プローブ:1点定圧接触式 ・電  源:単4アルカリ乾電池×2 ・寸法重量:63×84×30,125g ・付加機能:切替により0.1μm表示(100μm未満)

電磁式膜厚計 SAMAC-F 製品画像

プローブ一体型の鉄素地専用モデル

プローブと本体が一体になったポケットサイズの小型デジタル膜厚計です。 ゼロ・標準調整はワンタッチボタンの簡単操作。 手のひらサイズの軽量ボディと,シンプルなキーレイアウトで片手による簡単操作が可能です。 ・測定方式:電磁誘導式 ・測定範囲:0~999μm~2.5mm ・測定精度:0~100μm;±1μmまたは指示値の±2% 101~2.5mm指示値の±2% ・表示方式:LCD,表示ホールド ・プローブ:1点定圧接触式 ・電  源:単4アルカリ乾電池×2 ・寸法重量:63×84×30,125g ・付加機能:バックライト切替付,オートパワーオフ切替付,レンジ切替により0.1μm表示(100μm未満)

超音波式膜厚計 クイントソニック7 製品画像

金属・非金属素地上の皮膜厚を測定

〇プラスチック・金属・木材・ガラス・セラミック素地上の塗料・ラッカー・プラスチック層の膜厚を測定します。 〇非破壊で一度に最大5層までの膜厚を測定できます。 〇GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)やCFRP(炭素繊維強化プラスチック)等の繊維強化プラスチック上のコーティング厚も測定できます。 〇Aスキャンで波形イメージを本体のLCDに表示。

多機能電磁式デジタル膜厚計『CTR-2000V』 製品画像

塗装・めっき・ライニングの膜厚測定を省力&低コスト化。プリンタ内蔵、測定値を2万点まで記録

『CTR-2000V』は、自動車など鉄素地上の塗装やライニングなどの絶縁性皮膜、 非磁性金属皮膜の膜厚の非破壊測定に適したデジタル膜厚計です。 日本語キーで簡単に操作でき、検量線を10種類まで登録可能。 測定値を20,000点まで記録できる大容量メモリで、 橋梁など多点測定であっても1人でスムーズに測定・記録作業が行えます。 【特長】 ■0~2000μmの幅広い測定レンジ ■統計機能・プリンタ内蔵で統計結果をその場で出力 ■記録内容のブロック分けが可能 ■上下限設定機能、アラーム機能付き ※詳しくは「PDFダウンロード」より資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせください。

電磁式膜厚計『Pro-S/Pro-W』 製品画像

直感的でわかりやすい!アナログ膜厚計のベストセラーがフルモデルチェンジ!

『Pro-S/Pro-W』は、鉄素地上の塗装、ライニングなどの絶縁性皮膜や メッキなど非磁性金属皮膜の膜厚を非破壊測定する電磁式膜厚計です。 国内の各公団、団体、官公庁、研究所、各種法人などの規格、内規、 基準ならびにASTM、ISO などの海外規格にも適合する2点調整方式を採用。 0~5mmワイドレンジと薄膜塗装からライニングまで幅広く対応します。 【特長】 ■伝統のアナログメーター式 ■コンパクトボディ ■0~5mmワイドレンジ ■特殊磁極プローブ ■ダイヤルカバー標準装備 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

カット式膜厚計ペイントボアラー 518型/518型PC 製品画像

状態観察が必要な場合に

モーターによりスリバチ状にカットするため、読み取りやすさが大幅に向上。 ISO 2808、ASTM D4138、DIN 50 986に準拠 ※マイクロスコープ部にCCDカメラを搭載した518型PCもあります。

ウェットフィルム膜厚計 ロータリー型 製品画像

精密型

金属などの素地上のペイント・インク・ニス・接着剤・油膜・樹脂皮膜などの未乾燥膜厚を測定します。 JIS K5600-1-7、ISO 2808、ASTM D1212に対応

表面塩分計 SNA-3000 製品画像

橋梁、船舶、鉄塔、プラント等の塩害防止塗装の可否を簡単、迅速にチェックできます。(JIS Z 0313に準拠) PSPC対応

表面に付着した塩分を簡単・迅速に測定できる表面塩分計です。鋼構造物は、塗装前に表面を洗浄する必要があります。特に、塩分濃度は腐食防止の上から、塗装前の清浄度の指標の一つとして非常に重要です。船舶、橋梁、大型タンクなどの鋼構造物の表面に付着している塩分を3種類の方式で簡単に、しかも、ダイレクトに測定します。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社サンコウ電子研究所

ページの先頭へ