さんもく工業株式会社

木材の保存処理規準

最終更新日: 2021/03/02
薬剤は用途に合わせてご提案!さんもく工業の保存処理のポイント3つをご紹介

当資料は、加工技術、防腐技術で木を活かすさんもく工業の
保存処理のポイント(保存処理規準)をご紹介いたします。

加圧注入処理を行う前に、木材の含水率を計測。
材料の含水率管理を行うことで薬剤が最適に浸透しやすい環境をつくります。

薬剤の濃度管理と、薬剤の注入量管理には、「タナリスCY」
「ペンタキュアニューBM」を使用していますが、
用途に合わせ提案しますのでご相談ください。

【保存処理のポイント】
■含水率のチェック
■薬剤の濃度管理
■薬剤の注入量管理

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報

【その他 保存処理のポイント】
■含水率のチェック
・加圧注入処理を行う前に、木材の含水率を計測
■薬剤の濃度管理
・定期的に薬液をサンプリングして濃度検査
■薬剤の注入量管理
・注入処理毎に注薬設備運転記録管理

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

さんもく工業株式会社

製品・サービス一覧(82件)を見る