三利特殊鋼株式会社

その作り方見直してみませんか?

最終更新日: 2021/03/10
最適な生産方法をご提案させていただきます

近年、技術革新が急速に進む中、生産方法にも日々様々な躍進が見られています。
「発注したいんだけど、どの生産方法がいいのか迷ってしまう」
こんな経験はありませんか?
今回はリング形状の製品を例に生産方法の違いについてご紹介します。

φ300×φ200×60の製品を制作する場合

(1)ローリング鍛造→旋盤
(2)フリー鍛造→旋盤
(3)溶断
(4)丸棒→旋盤
(5)丸棒→BTA

上記のような選択肢があるとしたら、あなたならどの生産方法を選択しますか?

コスト削減に重きを置いた場合、丸棒→BTAでの製作が最適です。
納期短縮に重きを置いた場合、溶断での製作が最適です。
このように、寸法・用途・納期によって生産方法の選択は変わります。

よりわかりやすく説明した資料をご用意しておりますので、是非ご覧ください。

弊社では長年培ってきた経験を駆使し、数ある選択肢の中から最適な方法を選びお客様へご提案させて頂きます。
お気軽にお問い合わせください。

基本情報

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

三利特殊鋼株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス