三和グランド株式会社

カラーサンドが「凍結融解」に対して強い理由について

最終更新日: 2018/08/21
透水性高炉スラグ舗装「カラーサンド」に関する技術情報をご紹介!

「透水性高炉スラグ舗装(カラーサンド)」が「凍結融解」に対して
強い理由について解説いたします。

カラーサンドは透水性・保水性機能を持ちながら、冬期の凍結融解の
反復作用に十分耐えられる「凍害に強い」歩行者系舗装材です。

当社舗装構成のうち「フィルター層」にも、本舗装材の骨材である
高炉スラグ舗装を単品で使用すると「凍上現象」を抑制する効果が大です。

さらに、(財)建材試験センター中央試験所にて実施された凍結融解試験で
200サイクル完了時点でもひび割れ破壊は発生しませんでした。

【骨材(高炉スラグ)のすぐれた特長】
■多孔質形状
・無数の微細な空隙が凍結時の体積膨張による圧力を開放
■潜在水硬性
・水砕スラグの主要成分(シリカ、アルミナ、ライム、マグネシア)が
 水の浸透の繰り返しにより時間の経過とともに固結する

◎凍結融解の反復作用に十分耐えられる

※詳しくはPDF資料、外部リンクページをご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報

【寒冷地・積雪地の施工実例】
■福島県会津田島町地区
・施工:平成12年
・最深積雪:113cm
・最低気温:-12.3℃
■山形県月山朝日村地区  
・施工:平成10年
・最深積雪:245cm
・最低気温:-15.1℃

施工後13~15年を経過した物件が現在でも凍結融解の反復作用をクリアし、
透水性・保水性舗装として十分機能しています。

その他、冬期氷点下になる地域で過去施工した物件において、
凍害発生の報告は全く受けておりません。

※詳しくはPDF資料、外部リンクページをご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料、外部リンクページをご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

詳細情報

会津田島町2(H24).jpg
寒冷地・積雪地の施工実例
福島県会津田島町地区<平成24年撮影>
山形多層民家(H24.jpg
寒冷地・積雪地の施工実例
山形県月山朝日村地区<平成24年・雨上がりに撮影>

お問い合わせ

三和グランド株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

製品・サービス一覧(36件)を見る