ザルトリウス・ジャパン株式会社

2020/04/20
ザルトリウスの新型コロナウィルス検査・研究・ワクチン開発に向けたソリューション

企業ニュース   掲載開始日: 2020/04/20

ザルトリウスは、過去10年間、エボラ出血熱、ジカ、H1N1などの感染症の発生やパンデミックに対応したワクチンの開発と製造において、バイオ製薬企業と協力し、サプライヤーとして貢献してきました。ザルトリウスの経験とソリューション・ポートフォリオが、新型コロナウィルス・SARS-CoV-2アウトブレイクに対して、発見に始まり、試験、大規模製造に至るワクチン開発のすべての段階でお客さまを支援いたします。皆さまが、緊急状況下でスピードと品質と柔軟性を維持しつつ、ワクチンの開発と製造の様々なリスクを管理するためのソリューションを提供いたします。

関連リンク

関連製品情報

≪新発売5mlフィルター付きチップ≫汚染を防ぐエアギャップ付
≪新発売5mlフィルター付きチップ≫汚染を防ぐエアギャップ付 製品画像
チップ内のユニークなSafety Space(エアギャップ)が、ピペットのサンプルとフィルターの接触リスクを低減します。

大人気Safety spaceシリーズに5,000μLが登場。 細胞培養など無菌操作を行う環境に最適です。 • 5,000μL、滅菌済、フィルター付きチップ シングルトレイラック(50本入り) • 99.99%を超える細菌ろ過効率がテストされた純粋なポリエチレンフィルターを使用 • DNase、RNase、Endotoxin フリー* • ヒトDNAフリー* • Sartoriusの5,000μLのピペットと適合 <エアギャップフィルターチップでできる汚染対策> ・主にサンプルとフィルターの接触リスク ・リバースピペッティング法を使用する際の液体がフィルターに接触するリスク ・エアロゾルと液体の汚染との相互汚染(クロスコンタミネーション) 〈ピペッティングでコンタミネーションが起きてしまう原因〉 ■エアロゾルや液体の過剰吸引等によるサンプルからピペットへの汚染 ■取り扱いの難しいサンプルのピペッティング(粘性や発泡性のある液体)により、サンプルがピペット内部へ侵入 ■未滅菌のチップや純度保証のないチップを使用
電動ピペット『Picus』
電動ピペット『Picus』 製品画像
片手操作が可能な人間工学に基づいたデザイン。レッドドット賞を受賞した製品です!

『Picus』は、レッドドット賞(デザインの革新性、機能性、人間工学、品質、 エコロジー、耐久性等9つの評価基準から国際的専門家によって審査)を受賞した 電動ピペットです。 その賞に相応しく、仕事量を軽減。 好適な作業姿勢を保つことで腱鞘炎などの障害を防ぐとともに、正確で高精度の ピペッティング結果を可能にします。 【特長】 ■超軽量で、コンパクト(わずか100 g/1ch 300 μL) ■ユニークな電動式チップエジェクション搭載 ■すべてのチャンネルに等しく一定の力でチップを装着可能 ■マニュアルピペッティングと分注速度を親指の軽いタッチだけで正確に制御 ■光学センサーがピストンの動作をリアルタイムで制御・監視 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

ザルトリウス・ジャパン株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
添付資料
お問い合わせ内容  必須
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス