ザルトリウス・ジャパン株式会社

生体分子間相互作用解析システム『BLItz System』

最終更新日: 2020/06/25
わずか一滴のサンプルでラベルフリーアッセイ 。簡便・迅速にカイネティクス解析、タンパク質の定量・検出、アッセイ開発が可能です。

BLItz Systemは、バイオレイヤー干渉法(Bio-Layer Interferometry:BLI)とDip and Readアッセイによって、生体分子間の相互作用をラベルフリー、リアルタイムに測定・解析が可能なパーソナルアッセイシステムです。初期導入コストを大幅に抑え、簡便・迅速にカイネティクス解析(Ka, Kd, KD)、タンパク質の検出・定量、アッセイ開発を行うことが可能です。

【特長】
■わずか4μLの微量サンプルで測定が可能
■細胞ライセートなどのクルードなサンプルを未精製の状態で測定することが可能
■ラベリングに要する時間とコストを抑えたラベルフリーアッセイ
■煩雑なセットアップとシャットダウン作業、メンテナンスが不要
■A4サイズ以下のスペースで設置できるコンパクトサイズ
■初期導入コストを抑えてカイネティクス解析が可能

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連動画

基本情報

【アプリケーション】
■カイネティクス解析:
アフィニティ(結合親和性:KD)だけでなく、カイネティクス(結合速度定数:Ka, 解離速度定数:Kd)の測定が可能です。
(例:タンパク質、抗体、核酸等の相互作用解析)
■タンパク質の定量:
吸光度測定では難しい、夾雑物が多い溶液中での特定のタンパク質の濃度定量が可能です。
(例:タンパク質発現モニタリング、バイオプロセス開発)
■タンパク質の検出:
わずか一滴のサンプルから、活性タンパク質の有無の検出、未精製サンプル中の特定タンパク質の検出が可能です。
(例:カラム分画中の特定タンパク質の検出、タンパク質発現の相対的ランキング)
■アッセイ開発:
最適な抗体の選定、アッセイ系構築のための至適パラメーターの迅速な検討が可能です。
(例:結合ペアの最適化、イムノアッセイ開発)

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

ザルトリウス・ジャパン株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

製品・サービス一覧(42件)を見る