サイエンスシード株式会社

製品・サービス

製品・サービス一覧

バイオガス発電システム (6)

バイオガス発電は、有機性排水・廃棄物などの有機物をメタン発酵微生物の代謝作用によりメタンと二酸化炭素まで分解し、その生産物のメタンをエネルギーとして発電する仕組みです。当社は、原料(有機廃棄物)の聞き取り調査など現状をヒヤリングし、最適なバイオガス発電システムのご提案を行っています。

詳しく見る
技術資料・事例集 (3)

サイエンスシード株式会社は、再生可能エネルギーの次の世代の有力候補であるバイオガス発電のコンサルティングや化学分析向けソフトウェアの開発および販売を行っています。当社の開発事例や技術資料をご紹介しています。

詳しく見る
アスベスト分析パッケージ (1)

当社では、実体顕微鏡・偏向顕微鏡・防塵カバー・ノートPC・カメラ・標準スライドなど必要器具が一式セットになった「アスベスト分析パッケージ」を取り扱っています。

詳しく見る

注目製品情報

  • バイオガスシステム BIO-DRY 製品画像
    バイオガスシステム BIO-DRY
    乾式バイオガスシステムは加水せずにメタン発酵をおこなうことにより、従来の湿式型に比べ、設備面積が半分になり設備費用を抑えられます。また、消化液量は1/3に削減することが可能です。 無加水で原料を連続投入し、嫌気発酵にてバイオガス発生後、発酵残渣は好気発酵処理をして、有機肥料・敷料等への再利用も可能となります。 このBIO-DRY方式により、大規模な排水設備や消化液タンクも不要となります。
  • 小規模分散型 バイオガス発電システム 製品画像
    小規模分散型 バイオガス発電システム
    再生可能エネルギー利用の拡大の流れの中、 有機廃棄物を原料としたバイオガス発電への注目も高まっています。 しかし、歴史の長いヨーロッパなどと比較し、日本ではまだまだ知見が乏しいのも現実です。 本システムは日本国内での製造で、かつ実証試験規模→アップスケールが可能な日本での運用に適しています。 当然、固定買取制度(FIT)に対応しています。 【特長】 ■受け入れ原料0.5t/日~の小型システム ■コンテナ利用による大幅な建設費・建設時間の削減 ■将来の処理量増加に柔軟に対応(簡単な増設) ■独自の可溶化プロセスによる発電効率の向上 ※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 【小規模分散型】バイオガスシステム 原料投入6キロ/日~発電可能 製品画像
    【小規模分散型】バイオガスシステム 原料投入6キロ/日~発電可能
    バイオガスプラントは、有機系廃棄物(食品残渣・家畜糞尿・下水汚泥など)を原料として微生物の力で可燃性のメタンガスを生産し、発電機・ボイラー・コンロなどに利用する『再生可能エネルギー』のひとつです。 廃棄物として経費をかけて捨てていたものが、エネルギー源となります。 効率性を高めるには大規模集積型が適していますが、大規模プラントでは大きすぎる目的(予算が少ない、経験が少ない、原料が少ない、土地が少ない、等)に対応するため、当社はあえて「小型分散型」を御提案しております。 ●将来的に大規模化するための実証プラント ●離島や地方都市でのコミュニティ単位による極小規模廃棄物処理 ●食品工場などでの食品リサイクル法への対応 ●発展途上国での環境保全・衛生向上 ~展示会出展情報~ 展示会名: 第3回[関西]バイオマス発電展 会期:2018年9月26日(水)~9月28日(金) 会場:インテックス大阪 共同出展:バイオガス推進協議会 http://www.bm-kansai.jp/

ページの先頭へ