株式会社昭電

セキュリティ『トラップ式フェンスセンサ』

最終更新日: 2018/04/11

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

フェンス等の乗り越え行為をいち早く検知し、発報するトラップ式フェンスセンサ!
『トラップ式フェンスセンサ』は、施設の敷地境界線上のフェンス等に
トラップセンサを一定間隔で設置する自動復帰型の警報線センサシステムです。

警報線の引っ張りや加重を検知して警報を発し、その後正常な状態に戻ると
自動復帰動作しますが、発報ポイントがマーカー表示で残されます。

広域施設の警備に効果的で、監視カメラとの連動などセキュリティシステム
の拡張に対応します。

【特長】
■自動復帰後もマーカー表示
■シンプルな構造
■全天候型設計
■セキュリティシステム拡張

※詳しくは、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連情報

セキュリティ『トラップ式フェンスセンサ』
セキュリティ『トラップ式フェンスセンサ』 製品画像

【発報動作】
■警報線への負荷
■警報線の切断
■トラップ式フェンスセンサの破壊

【主なシステム構成】
■トラップ式フェンスセンサ:MF-111
■ホルダ:MF-20
■アジャスタ:MF-30/MF-31
■中継器:MF-62/MF-65
■警報線:MJ-41
■取付金具
■併設セキュリティ製品

※詳しくは、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

株式会社昭電へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ