渡辺パイプ株式会社

『natic』フローリング基材の選定

最終更新日: 2018/11/13
フローリングでラワン合板を標準採用する理由について

★フローリングの構成基材の種類

・ラワン合板系 
・針葉樹合板系
・新種材合板系
・MDF/HDF系
・パーティクルボード系

2000年代に入り新興国の発展から基材の価格の高騰に伴い、従来の良質なラワン材の入手が困難になってきました。
そこで、国内メーカーはコストを優先した代替資材の開発を進めており、MDFを組み合わせたフロア用基材などが全盛となりました。

しかし、耐水性や強度、粘りの特徴で一番最適なフローリグ基材は「ラワン合板である」と、多くのメーカーの担当者様が口を揃えて言っています。

そのため、最高品質のフローリングを目指すnaticでは希少ながらもラワン合板を標準採用しています。

関連動画

基本情報

※SEDIAオリジナル特別仕様グロス5番の特別MAT仕上げ

すべてがMade in Japanの最高品質でご提供いたします。

※詳細な仕様や価格などはカタログをダウンロードいただくか、お気軽にお問い合わせくださいませ。

価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 sedia 渡辺パイプ 札鶴ベニヤ 森田アルミ
用途/実績例 新築戸建、マンション、店舗、公共施設、リフォーム、リノベーション

※詳しくはカタログをダウンロードいただくか、お気軽にお問い合わせくださいませ。

詳細情報

黒巾木.png
natic-ナティック
natural:自然の、天然の
characteristic:節・パテ跡・埋め木・虎班など、フローリング一枚一枚がもつ個性(キャラクター)
図1.png
美観を徹底的に追及して贅沢な1818サイズを実現
145mm幅広の高級感もお忘れなく!
巾木.PNG
【渡辺パイプ限定先行販売】主張しない佇まいと巾木の美しさとミラノで旬なカラー『黒』と空間に溶け込む『白』
あらゆる空間に溶け込む意匠性、多様な現場に対応可能な施工性、壁を保護する巾木としての機能性を兼ね備えます。
mat使用.jpg
渡辺パイプのオリジナル特注仕上での表面塗膜処理
・グロス5番で仕上げたインダストリアルな質感
・一番人気の幅広
・深みのある2.0mmの単板厚の仕様
・究極のスーパーリアルウッドラステック仕様(バランスの良い節入り)
ラワン.png
フローリング基材最適品質の「ラワン合板」を標準採用
2000年代に入り新興国の発展から基材の価格の高騰に伴い、従来の良質なラワン材の入手が困難になりましたが、最高品質を目指すNaticはあくまでもラワンにこだわりました。
図3.png
Industrial × Made in Japan
<高品質確保のための12の条件>

・広大な敷地
・原材料からの仕入素材選別
・徹底した突板の品質確認
・様々な樹種やサイズに対応
・様々な塗装に対応出来るライン
・豊富な塗装ノウハウ
・希望色への柔軟な対応
・塗装の絶妙な「ノリ」を把握
・日本最長のUV照射ライン
・日本最長の乾燥ライン
・豊富な納材サンプルからの知見
・対キャスター対傷検査など実施

関連カタログ

お問い合わせ

渡辺パイプ株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望 必須
目的 必須
添付資料
お問い合わせ内容  必須
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

製品・サービス一覧(388件)を見る