渡辺パイプ株式会社

手すり  階段に寄り添う『木の手摺』

最終更新日: 2019/03/15
木の質感そのままの手摺(手すり)です。ウォルナット・メープル・チークから選べ、取付工事サービスもあります。

★手触りの良い手摺

階段の手摺ってどうされてます?付けていない人も多いのかもしれませんが、お子さんや高齢の方がいるお宅だと、あったほうがよいですよね。
けど、いざ探してみるとよいものって本当にないんです。
丸棒に木目調のシートをラッピングしていたり、手摺の部分は木でも、棒を支える受けの部分が、味気ないシルバーメッキの金物だったり。どうもピンとこない。
フローリングはこだわりの無垢でも、それに合う手摺がないんです。

この手摺は、棒の部分はもちろん、受けの部分まで全部、木でつくられています。体重がかかっても反りにくいように、固い木でつくりました。
もちろん、変なコーティングのない、木本来の暖かみを感じられる木です。
何気なく手を添えたとき、やさしく馴染んでくれる、そんな手摺ができました。

※下部「基本情報」に続きます↓

関連動画

基本情報

★階段室のインテリアって

階段室は長い時間過ごす場所ではなく、通り過ぎるだけの場所。
だから、そのインテリアをこだわるというのは優先度が低いことです。
けれども、階段って気持ちが切り替わる場所だと思うんですよね。
玄関から2階のリビングに招くお客さんが階段をワクワクしながら上ったり、リビングから寝室に移動するときには、寝るモードになっていったり。

だから、ちょっとだけ階段室もこだわってみるというのも良いと思うんです。
壁紙を思い切ってカラフルにしてみたり、絵を飾ってみたり。そのときに忘れてはいけないのが手摺。
手摺だって、やっぱり手が触れる部分ですから、椅子やテーブルと同じように、質感のある木にしたいものです。

今回は床の色にあわせられるよう、3種類の樹種を用意しました。
明るい色のメープル、ダークな色のウォルナット、落ち着きのある色のチークです。
階段の色と合わせることで、バラバラな感じにならず一体感が出てきます。
手摺の棒の部分だけでなく、ブラケットといわれる受けの部分も、ころっとした形で同材で合わせているので、木以外のものが邪魔をしない暖かみのある空間になると思います。

価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 toolbox ツールボックス 手摺(手すり)
用途/実績例 ★取り付けと注文方法

新築やリフォーム中の方で、取り付けができるプロがいる場合は、依頼してください。
その際、手摺棒は長さのオーダーができますので、長さを指定して発注してもらってもよいですし、長めに購入して、現場で職人さんにカットしてもらう方法も可能です。
階段のコーナーの部分の加工は、すこし技術が必要です。
取付工事サービスを頼んでくれれば、開発パートナーである瀬尾商店の瀬尾さんがお伺いして、ピタッと合わせてくれます。
東京近郊以外の方は、現場の職人さんに加工をお願いするか、難しいようであれば手摺をつなげない方法でご対応ください。

【用途】
小さいお子様、ご高齢者の居る住宅などの階段の手すり等

※詳しくはPDFカタログをダウンロードいただくか、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせ

渡辺パイプ株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望 必須
目的 必須
添付資料
お問い合わせ内容  必須
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

製品・サービス一覧(388件)を見る