渡辺パイプ株式会社

部屋の衣替え。襖と障子のあいだ『布框戸(ぬのかまちど)』

最終更新日: 2019/03/27
布を張ってつくる引き戸です。サイズオーダーができ、今ある障子や襖と取り替えられます。

★襖と障子のあいだ
襖のようなシンプルさと障子のような透過性。二つの建具をいいとこ取りしたような、新しい建具を開発しました。その名も「布框戸(ぬのかまちど)」。

框戸とは木製の枠の中にガラスや板を嵌めた建具のことですが、こちらはガラスや板の代わりに布を張りました。視線を遮りつつも柔らかく光を通し、破れないけど柔らかい、薄いけれど温かみがある、ありそうでなかった建具です。

布框戸は、今ある障子や襖の枠に嵌めて使うことができます。
一般的に襖の枠の寸法は、溝の幅が21mm、溝同士の間が9~15mmと規格化されているので、和室を仕切っている障子と交換したり、押し入れを塞いでいる襖と取り替えることができるのです。
もちろん新築やリノベーションで新たに枠をつくっても使うことができます。

★布張りは一日にして成る!?
商品は白い布が張られた状態でのお届けになる「布張りありタイプ」と、自分で布を用意して張ってもらう「布張りなしタイプ」の2種類。
とにかくサッと今ある建具を替えたい方は「布張りありタイプ」を。好みのテキスタイルでインテリアにこだわりたい方は「布張りなしタイプ」をお選びください。

関連動画

基本情報

★彩りと新鮮さを導く建具
布框戸は、誰でも自分で布を張り替えることができるつくりになっています。
真っ白い布だけでなく、カラフルな生地やお気に入りのテキスタイルを張ったり、メッシュ生地を張って室内用網戸として使うこともできます。お子さんが落書きをしても、新しい布に交換すればいいので安心。季節ごとに張り替えて、気分を変えるのもいいでしょう。

元々、襖は襖絵が描かれて室内に彩りを与える存在でもありました。
また障子は季節ごとに張り替えることで、新鮮な空気を与える効果も持っていました。
布框戸は部屋を仕切るだけでなく、自分で布を張り替えていくことで、彩りと新鮮な空気の両方を一度に取り入れることができる建具なのです。

テキスタイルをインテリアに取り入れるという、新しい引き戸いかがでしょう。

『布框戸(ぬのかまちど)』の開発パートナー:Camp Design inc. 藤田雄介

※仕様などの詳細はPDFカタログをダウンロードいただくか、お気軽にお問い合わせください

価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 toolbox ツールボックス 襖 障子
用途/実績例 リノベーション向けの化粧パネル

お問い合わせ

渡辺パイプ株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望 必須
目的 必須
添付資料
お問い合わせ内容  必須
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

製品・サービス一覧(388件)を見る