渡辺パイプ株式会社

木製可動ルーバー建具 光をコントロールする鎧戸-ウッドシャッター

最終更新日: 2019/04/18
羽根を開け閉めできる木製可動ルーバー建具。使い方に合わせて、開き戸、折れ戸、引き戸の3種類から選べて、サイズオーダーができます。

★開け閉めできる羽根
鎧戸とか、がらり戸というとイメージが沸きやすいでしょうか。
海外の住宅の窓辺についていそうな、こちらのウッドシャッターはルーバーと呼ばれる羽根の部分を、手で開け閉めすることが出来ます。なので戸を閉めたまま、光の量や空気の流れをコントロール出来ます。
どれか1枚のルーバーの角度を手でかえると、全てのルーバーが連動して回転します。ルーバーを全開にすれば、光を大きく取り込むことができ、まぶしすぎるときには半開きに。ぴしっと締めれば光をシャットアウトできます。
そうです、ブラインドのような使い方が出来るのに、風でぶらぶら揺れずに固定ができる建具です。

★窓に
こだわりにこだわりたい内装。けど、サッシ窓の無機質で野暮ったいあの感じには手をつけられない。ご好評いただいているアイアン塗料はアルミサッシの表情を変えてくれる優れものですが、鉄ではなく木の表情でまとめたい人も多いはず。
ウッドシャッターならサッシ枠を隠してくれて、窓自体を部屋のアクセントとして存在感を出してくれます。クラシカルな雰囲気も漂わせてくれて、窓にウッドシャッターがあれば、他には何もいらないほどの存在感です。

関連動画

基本情報

★無垢の表情も大事にしています
使い方に合わせて、折れ戸タイプと開き戸タイプ、引き戸タイプの3種類を用意しました。パネルの形状はどれも同じなのですが、丁番や戸車といった付属する金物が変わります。
開き戸と折れ戸の使い分けは、ウッドシャッターを開けたときに窓の横の壁の巾が戸の巾よりも大きいかどうかです。戸の巾に対して壁の巾が小さいと戸を開けたときに壁にぶつかってしまうかもしれません。そんなときは折れ戸タイプにして、半分に折りたためるようにすると良いです。もちろん見た目で決めるのもありです。

こんな優れものでありながら、仕上がりもすばらしいです。シナの無垢材を使っているので、しっかりと高級感のある印象でありながら、つやのない仕上がりで空間に馴染みやすいです。色は5色あって、ちゃんと木目が効いていて、ルーバー1枚1枚の表情が違います。一方、ピュアホワイトだけは、「つぶし」という塗装の仕方で塗りつぶされているので、スッキリと壁の白に馴染ませたい人向けの仕上がりです。

※仕様などの詳細はPDFカタログをダウンロードいただくか、お気軽にお問い合わせください

価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 toolbox ツールボックス 鎧戸 ウッドシャッター 木製可動ルーバー建具
用途/実績例 リフォーム、リノベーションなど

お問い合わせ

渡辺パイプ株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望 必須
目的 必須
添付資料
お問い合わせ内容  必須
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

製品・サービス一覧(388件)を見る