渡辺パイプ株式会社

床材 足場板 木が熟す前に『新品の足場板』

最終更新日: 2019/05/21
工事現場用の足場板として製造された新品の杉板です。

★新品出ました!

最近様々な所で使われている古材足場板。toolboxでは以前から「足場板の床」として提供していますが、職人さんに使い込まれるのを待つのは時間がかかりますし、「足場板のゆったりした感じは好きだけど、やっぱり汚れが、ねぇ…」と思われる方もいたのではないでしょうか。だったら自分で使い込んだらいいじゃないか!と思い、新品の足場板をご用意致しました。
こちらの商品は未使用の状態なので、古材足場板の様にペンキ等は付着しておらずとても綺麗な状態ですが、幅広でぶ厚い杉足場板特有の柔らかな踏み心地はそのままです。また、5mm厚の足場板で提供していた「鉄サビ仕上げ」と同じ加工を施したものと無塗装のまっさらなものをご用意しました。
新品だけど古材風が良いという方は、鉄サビ仕上げご検討ください。

★とはいえ、足場板ですから
もともと工事現場で使う為に作られているので、一般的なフローリング材の様なツルツルの表面加工が施されている訳ではなく、材の表面は多少カサカサしています。
店舗等、土足で使用する際にはそのまま床材としてお使い頂けますが、素足でご利用される場合はヤスリ掛けをする必要があります。

関連動画

基本情報

★実は環境にも優しい

最近よく「間伐材」という言葉を耳にします。間伐材を使う事は環境に良い、という図式が出来上がっている気がします。では何故「間伐」をするのか。それは太く、逞しい木を育てる為です。実は今、日本の山には40年以上かけて育てた「中目材」が沢山あるのですが、使用先が無く、木を切る事すらできずにいます。せっかく育った木を使わない手はありません。育った木を利用して、新たな木を植える。循環させる事こそ「環境に良い」の本質だと思います。
新品の足場板は国産の中目材を使用しています。

★「床材」に留まる事無く

これから幾年も雨風に晒され、職人さん達の作業場として使われる為に作られた板です。
無頼漢であることは気にもせず、ただただ目的を果たす為に作られた、ある種の潔さを感じます。
今回は「床材」という分類をしていますが、カテゴリーに捉われることなく、まっさらなキャンパスに絵を描く様に、自由に使って頂ければと思います。

価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 toolbox ツールボックス 床材 フローリング
用途/実績例 リフォーム、リノベーション

お問い合わせ

渡辺パイプ株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望 必須
目的 必須
添付資料
お問い合わせ内容  必須
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

製品・サービス一覧(388件)を見る