株式会社セイコーウェーブ

【資料】インフラ構造物の近接目視を定量化する3次元計測手法

最終更新日: 2021/03/24

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

関連情報

耐候性鋼橋の近接目視・評価用3D計測システムに!事例集進呈中
耐候性鋼橋の近接目視・評価用3D計測システムに!事例集進呈中 製品画像
【仕様】
■カメラフレームレート: 700fps
■カメラ画素数:30万画素
■ファイルフォーマット
 ・セイコーウェーブ独自形式 (.skw)
 ・一般形式 (.ply 他)での保管可能
■PCインターフェース:Giga Bit Ethernet (1000 Base T)
■連続駆動時間 (100WHr電池パックにて):6時間以上
■動作環境温度(駆動用PCを除く):-10℃~+40℃
■標準添付ソフトウェア:
 ・Seikowave NDT Software Suite
 ・Seikowave Rhino Painting Software (自動合成ソフトウェア) 
 ・Seikowave Pipeline Analysis Software(腐食解析ソフトウェア)
 ・ASME B31 供用適性評価ソフトウェア
■寸法:300×158×155mm
■重量:2.4kg (7.5mケーブル込み)
■オプションソフトウェア:
 ・日本溶接協会 JWES2820準拠供用適性評価ソフトウェア

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社セイコーウェーブ