株式会社セイコーウェーブ

企業情報

株式会社セイコーウェーブ 企業イメージ

株式会社セイコーウェーブ 企業イメージ

現場で使える、ポータブル3Dスキャナー。プラント設備の腐食減肉の3次元計測と評価。インフラ近接目視点検の定量化・見える化を実現。

株式会社セイコーウェーブは、3次元計測装置(3D scanner)の開発と販売を通じ、社会インフラの安全安心向上に貢献します。

2010年に米国と日本に法人を設立し、以来、日米共同で3次元計測装置のハードウェア、及び、腐食などの解析・評価ソフトウェアの開発に特化して事業を推進しております。

主な活用場面は、プラント設備(圧力容器、配管など)の腐食減肉の詳細な計測と解析・供用適性評価、鋼橋の腐食や塗装の膨れなどの計測と評価などです。

経年劣化する社会インフラのメンテナンスは避けて通れない必須の分野です。従来の目視や官能評価に代わり、データに基づく評価をすることで、コストを押さえつつより安全な維持管理が可能となります。

今後とも社会の安全安心向上のお役に立てますよう、事業を推進して参る所存でございます。

代表取締役 新村稔

企業概要

株式会社セイコーウェーブ 社屋画像

株式会社セイコーウェーブ 社屋画像

印刷ページ
会社名 株式会社セイコーウェーブ
設立 2010年4月
資本金 2200万円
従業員数 3名
所在地 〒190-0011  東京都 立川市 高松町1-24-11 ブロードマンション 205号室
株式会社セイコーウェーブ
TEL:042-595-7041
FAX:0422-24-8344
アクセス

京王井の頭線、井の頭駅前のセブンイレブンが入ったビルの2階です。JR吉祥寺駅からは、井の頭公園を抜け、徒歩10分。

事業内容

【事業】
■ポータブル3次元計測装置(3D scanner)と評価ソフトウェアの開発と販売
 ・腐食減肉の計測・解析用システム 3DSL-Rhino(ライノ、量産出荷中)
 ・海面下100メートル対応3D計測・解析システム(受注生産)
 ・1メートル四方の平板を対象とした大型スキャナー(受注生産)
■保守点検現場での計測・解析業務受託
 ・橋梁
 ・プラント

主要取引先

  • 【公的研究機関】国総研、消防庁消防研究センター、労働安全衛生総合研究所、電力中央研究所、鉄道総研、他
  • 【大学】東北大学、東京大学、横浜国立大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、岡山大学、九州大学、プサン大学、深圳大学、ホ-チミン大学、他
  • 【企業】JXグループ、日本製鉄、日本製鋼所、神戸製鋼、出光興産、コスモ石油、三菱ケミカル、住友化学、三井化学、JSR、トクヤマ、東京電力、中部電力、横河ブリッジ、非破壊検査会社各社、他。