株式会社セイコーウェーブ

【資料】インフラ構造物の近接目視を定量化する3次元・3D計測手法

最終更新日: 2021/03/24
実例を交えながら解説!従来のさび性状評価基準の課題などをご紹介します!

当資料では、インフラ構造物の近接目視を定量化する3次元・3D計測手法を
掲載しています。

「近接目視点検現場への適用と期待」や「耐候性鋼橋腐食への光3次元計測の
適用」などを写真や図を用いて詳しくご紹介。

社会インフラ保守検査現場で、光3次元計測技術がどのように近接目視の
定量化への貢献が可能であるか、実例を交えながら解説しています。

ぜひ、ご一読ください。

【掲載内容】
■はじめに
■近接目視点検現場への適用と期待
■耐候性鋼橋の外観性状によるさび状態の評価法に関する研究
■従来のさび性状評価基準の課題
■耐候性鋼橋腐食への光3次元計測の適用
■さいごに

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社セイコーウェーブ