Shimada Appli合同会社 コーティング開発部

最新ニュース

注目製品情報

  • Select Spray Coater 
    FSCC06セレクティブスプレイコーター
    新たに開発したFSCC06セレクトスプレーガンは、特に液づまりしやすい水性エマルジョン材料や、中粘度の溶剤系材料の原液を液づまりや糸ひきなく低吐出量で10~70μmの安定した成膜が出来ます。水性材料等も20μm前後の成膜を所定の場所に見切り塗布工法で限定塗布も可能なため、乾燥時間も溶剤系塗布材料並に短縮可能となり、従来発泡が問題になりやすい材料もNon Bubbleで問題なく成膜jできる画期的スプレーシステムです。(実用新案登録済、韓国特許取得済) また溶剤系接着剤や防湿絶縁材を原液(200~500CPS程度)で糸ひき(エンゼルヘアー)を発生さずに塗布する工夫が施されております。 動画→http://youtu.be/hIYDNrsM6QY
  • 細線薄膜塗布用スプレーガン
    すでに工具を必要としないで、分解組立可能な精密低吐出量用のFSCC06セレクティブスプレイコーターの塗布ガンが、1500センチポイズ以下の液体材料を塗り分け作業できる塗布バルブとして、コーティング分野で使用されております。 本バルブとそのスクリュー延伸部を応用し利用しましたマイクロスプレイEXバルブによって、極微細に霧化させて、2mm幅以下の塗布パターンを形成致します。
  • マイクロ静電塗布装置
    マイクロ静電塗布装置
    静電塗布バルブは低粘度材料を薄膜塗膜形成する用途と中高粘度塗布材料を数十μmの成膜形成用との、2方式の静電マイクロスプレー法を用意しております。 オングストローム単位からの成膜が可能な方法として静電印加マイクロスプレー法があります。これは液体微粒子の発生させるFSマイクロスプレーガンに、コロナ帯電方式で,高電圧発生装置より5 ~30kV の高電圧をガン先端のニードルに印加されると同時に、このニードル先端部(コロナピン)からコロナ放電(corona-charging)が起こり,被塗物との間に電界をつくり,この電界内を通過した細微粒子も帯電されて被塗物に付着します。

ページの先頭へ