シンクス株式会社

断熱材のプレカットが簡単に。CADデータを活かした切断システム

最終更新日: 2021/06/25
断熱材プレカットシステム。 書き出し、読み込み操作で簡単に切断データの作成が可能。 最適化ソフトで効率のよい切断加工が可能。

現在、日本では建物を建てる際に断熱材を取り入れる施工主が増えてきています。板材の断熱材には断熱性能の他にも防音性能もあり今後の建設業界にて大きな需要が考えられます。

シンクスが提案する断熱材プレカットシステムは、今までおこなってきた細かな入力作業を簡単にできます。

ネットイーグル社のベストセラープレカットCAD 『OPNE-NET X Star 床断熱割付オプション』のデータをCSV出力していただき、シンクスの加工機械の変換ソフトを通し読み込ませることで簡単に最適化された切断加工プログラムが作成でき、そのまま指示にしたがって指定のサイズの原板をセットしていただければすぐに切断加工がおこなえます。

また、切断加工を行うさいに事前に簡単なアニメーションで切断手順を確認できます。切断を開始すると同時に付属のラベルプリンタで加工順にラベル印刷されるため、切断加工後の管理がしやすく、納入先や施工先でのパネル合せが簡単になります。

切断加工機は、作業のしやすい横置き型のランニングソータイプと省スペース設計のパネルソータイプがあります。

関連動画

基本情報

断熱材プレカットシステム SIPSシリーズ
■ パソコン制御でネットイーグル社 ベストセラープレカットCAD 『OPEN-NET X Star 床断熱材割付オプション』との連携が可能。
■ ラベルプリンターにて加工物の管理が可能
■ 安全シャッター、ロープスイッチなど安全装備を標準装備

機械仕様
断熱材プレカット専用 ランニングソータイプ SIPS-1
型式 : SIPS-1 3000×3000
切断加工長 : 3050 mm
切断加工幅 : 0 ~ 3050 mm
切断加工厚 : 130 mm
寸法 : 幅 5300 mm × 奥行 5770 mm ×1800 mm

断熱材プレカット専用 ランニングソータイプ SIPS-2
型式 : SIPS-2-1800
切断加工長 : 1850 mm
切断加工幅 : 10 ~ 2150 mm
切断加工厚 : 130 mm
使用鋸径 : φ510 mm (20インチ)
寸法 : 幅 4560 mm × 奥行 1858 mm ×3140 mm

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 断熱材プレカットシステム SIPSシリーズ
用途/実績例 用途 : 断熱材をCAD上で決められた幅、量に切断するためのシステム
業種 : 建築、建材、断熱材加工メーカー 等
対応素材 : 木質材、合板、樹脂系材、断熱材 等


ラインナップ

型番 概要
SIPS-2 断熱材プレカットシステム パネルソータイプ
SIPS-1 断熱材プレカットシステム ランニングソータイプ

お問い合わせ

シンクス株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス