シンクス株式会社

『高張力鋼』と『耐摩耗鋼』の加工が可能。最大加工厚80mm

最終更新日: 2022/05/24
『高張力鋼』と『耐摩耗鋼』の加工が可能な平板開先加工機。下軸可動域の見直しにより上レ型加工は、従来機の2倍速くなりました。

2021年モデルチェンジをした平板開先加工機VXWが5型から7型になりオプション装備のチップコンベアを内蔵することが可能になりました。ピット工事無しで据付けが可能です。加工板厚は最小6mm~最大80mm。下軸の可動域を-60度~+35度まで広げたことにより0°~+35°までの2軸同時加工を行うことが可能となり上レ型加工を従来の2倍の速さで加工します。ワークのセッティングを効率よくおこなえるようにフリーベアテーブルを標準装備、材料押えシリンダー配管や、ロープスイッチ等の位置も変更しました。カッターチップの改良と切削条件の見直しにより『高張力鋼』と『耐摩耗鋼』の加工が可能となりました。

実際の機械は、6月30日~7月1日に開催する弊社内覧会と、7月13日~16日 東京ビッグサイトで開催される国際ウエルディングショーにてご覧いただけます。

関連動画

基本情報

当社で扱っている、開先加工機の種類は、コラム開先加工機、H形鋼開先加工機、平板開先加工機の3種類に分類されます。

その中でも2軸平板開先加工機VXWシリーズは、当社開先機 年間納入実績上位の人気機種になります。
操作性の良さと2軸加工での作業効率の良さが多くのユーザーに納得していただいております。
また、カッターチップの改良と切削条件の見直しにより『高張力鋼』と『耐摩耗鋼』の加工が可能になりました。

VXW-7型シリーズの特徴
■ 『耐摩耗鋼』の加工が可能
■ チップコンベア内蔵可能
■ 新構造により加工スピードアップ
■ 2軸追掛け加工を標準装備、上レ型加工の効率大幅にアップ
■ 開先角度-60°~+60°で、板厚最大80mmに対応

=その他の平板開先加工機=
平板開先加工機 VXシリーズ
送材式縦型平板開先加工機 VRK-3615-V
平板開先加工機 VXV-1200R

価格情報 お気軽にお問い合わせ下さい。
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 2軸平板開先加工機 VXW-7型 シリーズ
用途/実績例 鋼材または『高張力鋼』と『耐摩耗鋼』の溶接面開先加工

実例
ビル・橋建築メーカー、造船メーカー、鋼材を取り扱う建材メーカー、など

ラインナップ

型番 概要
VXW-2000-7
VXW-3000-7
VXW-4000-7

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

シンクス株式会社

製品・サービス一覧(38件)を見る