スケーラブルシステムズ株式会社

ORION RS320AQ-G5製品データシート

最終更新日: 2020/06/15

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

最高性能を実証したプロセッサを搭載するサーバ MDの最新サーバプロセッサ「EPYC 7002」を搭載した製品ライン
ORION RSは信頼性が高くエネルギー効率の良い高密度実装サーバです。 1Uのコンパクトな筺体に 2つのソケットを搭載するほか、最適化された冗長電源と冷却システムにより、エンタープライズ、HPC、ハイパースケールデータセンターでの利用に最適なサーバです。

最高性能を実証したプロセッサを搭載するサーバ、ストレージ、マルチGPUサーバ

ORION RS320AQ-G5
・2U 4ノードラックサーバ
・シングルAMD EPYC 7002/7001 シリーズプロセッサファミリー / ノード
・最大1TB DDR4-3200/2933MHz メモリ / ノード
・1200W 冗長高効率 80PLUS PLATINUM認証電源ユニット

ドライブベイ オプション
・(2) M.2 PCIe Gen3 x4, M-Key + (6) 2.5” NVMe/SATA ホットスワップ SSD (前面) / ノード

関連情報

ORION RS/MAGMA/TITAN
ORION RS/MAGMA/TITAN 製品画像
AMD EPYC 7002 シリーズプロセッサ
7nmプロセスで製造される「AMD EPYC 7002シリーズ」は第2世代のサーバプロセッサであり、マイクロアーキテクチャを拡張した「Zen 2」 の8 CPUコアを搭載したCPUコアを8台搭載し、メモリとI/O機能を統合したI/Oダイと接続することで、最大64コアを一つのCPUパッケージで提供することを可能とした最新プロセッサです。
最大構成の64コアの「AMD EPYC 7742」では、1CPU当たり、64コア/128スレッドで、ベース周波数は2.25GHz、ブースト周波数は3.4GHz、L3キャッシュの合計量が256MBで、デフォルトTDP(Thermal Design Power:熱設計消費電力)は225W。インターコネクトは、DDR4チャネルが8でDDR4-3200をサポート、PCIe gen4レーンが128レーン、メモリ容量は最大4TB。メモリ帯域は最大410GB/s、I/O帯域は512GB/sという仕様になっています。

お問い合わせ

スケーラブルシステムズ株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望 必須
目的 必須
添付資料
お問い合わせ内容  必須
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

カタログ 一覧(61件)を見る