スターライト工業株式会社

鋳造砂計量ホッパーの棚吊り防止対策 J

最終更新日: 2021/10/06

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

カタログ発行日:2021/1/1

卓越した非粘着性から、砂型鋳造における自動造型機のホッパーにおいて、計量した生砂がホッパー壁面に付着し棚吊りするのを抑えます。
ALPCOMBI(アルプコンビ)は、非粘着性に優れるふっ素樹脂をシートの状態で金属プレートと接着した複合プレートです。お互いの特徴を生かした性能や幅広い取り扱い方で用途を広げています。
1.非粘着性が長持ち:ふっ素コーティングに比べ樹脂層に厚みを持たせることで数十倍の寿命を発揮
2.寸法安定性:線膨張係数は金属と同等で取付ボルト間の波打ち現象なし
3.優れた取付け性:金属プレートと同様な施工・取付が可能、取り換えも容易
4.優れた加工性:樹脂層に高い形状追随性があり、板金加工・絞り加工等が可能

関連情報

ALPCOMBI-F 鋳造砂計量ホッパーの棚吊り抑制に優れる J
ALPCOMBI-F 鋳造砂計量ホッパーの棚吊り抑制に優れる J 製品画像

ALPCOMBI(アルプコンビ)は、非粘着性では最高峰なふっ素樹脂をシートの状態で金属プレートと接着した複合プレートです。お互いの特徴を生かした性能や幅広い取り扱い方で用途を広げています。
1.非粘着性が長持ち:ふっ素コーティングに比べ樹脂層に厚みを持たせることで数十倍の寿命を発揮
2.寸法安定性:線膨張係数は金属と同等で取付ボルト間の波打ち現象なし
3.優れた取付け性:金属プレートと同様な施工・取付が可能、取り換えも容易
4.優れた加工性:樹脂層に高い形状追随性があり、板金加工・絞り加工等が可能

塗装ブース清掃をもっと簡単に!【ALPCOMBIシリーズ】J
塗装ブース清掃をもっと簡単に!【ALPCOMBIシリーズ】J 製品画像

【ALPCOMBI(アルプコンビ)とは】
付着抑制、耐薬品性に優れたふっ素樹脂のシートと金属プレートを新しい技術で接合した複合プレートです。
1.ふっ素樹脂コーティングに比べ高耐久性・・・樹脂シートなのでコーティング層より厚くできます
2.金属プレートの特徴を生かせた施工が可能・・・溶接、カシメ、ボルト止め、接着、板金加工で部品として置き換えも可能 ※2
3.金属プレートが樹脂層の寸法変化を拘束・・・樹脂シートの様な温度による寸法変化が少なく、ボルト止めした間が膨らむことはありません

規格サイズ 厚み 1mm、2mm、5mm  の3種
      幅  500mm
      長さ 500mm

※2 規格サイズの500mm幅×500mm長さを超えると部品に継ぎ合わせ、継ぎ目が出ます

セメント、石灰、石膏サイロの付着堆積を減少【ALPCOMBI】J
セメント、石灰、石膏サイロの付着堆積を減少【ALPCOMBI】J 製品画像

【ALPCOMBI(アルプコンビ)とは】
非粘着性、耐薬品性に優れたふっ素樹脂シートと金属プレートを新しい技術で接合した複合プレートです。

1.ふっ素樹脂コーティングに比べ耐久性が向上・・・樹脂シートなのでコーティング層より厚くできます
2.金属プレートの特徴を生かせた施工方法が可能・・・溶接、カシメ、ボルト止め、接着
3.超高分子量ポリエチレンプレートの様な温度による寸法変化が少なく、ボルト止めした間が膨らむことはありません・・・金属プレートが樹脂層の寸法変化を拘束

バルブ【軽量・高強度】ふっ素滑り板 【ALPCOMBI】J
バルブ【軽量・高強度】ふっ素滑り板 【ALPCOMBI】J 製品画像

<製品仕様> 
・定尺サイズ:500mm×500mm 厚み2.7mm 
 ご要望に応じ厚みの調整も可能です。お気軽にご相談ください。

・製品構成:芯材の違いにより以下の2種類がございます。
  品名:ALPCOMBI-B1 芯材=パンチングメタル、重量…2.9Kg 
  品名:ALPCOMBI-B2 芯材=エキスパンドメタル、重量2.1Kg

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

スターライト工業株式会社

ページの先頭へ