スターライト工業株式会社

列車接触事故を防ぎ、すみ分ける『野生動物対策装置YOKEMOT』

最終更新日: 2021/10/26

  • カタログ

ハバネロ成分配合の薬液を自動噴射し、野生動物の侵入をシャットアウト!接触トラブルを防ぎ、鉄道の安全輸送を実現します

野生動物と列車との接触事故は安全運行に影響するだけでなく、作業員の大きな負担に

■野生動物との衝突事故によるダイヤの乱れや車両の損壊
■過酷な忌避剤散布作業
■心身ともに負担が大きい事故後の処理

↓↓ YOKEMOTが解決! ↓↓

(1)業界初!薬液を自動噴射し野生動物を近づけない
 ・動物が本能的に嫌うハバネロ成分を使用!そのため回避効果がずっと持続
 ・薬液を自動で噴射するため、作業員による散布が不要に!

(2)薬液タンクの交換だけの簡単メンテナンス
 定期的な雑草除去や電圧チェックが必要な電気柵に比べて管理が楽!

(3)たった1時間で、どこにでも設置可能
 ・10kgの本体を地面に固定するだけ!
 ・ソーラーパネルのため電源工事不要

(4)柵の開口部からの侵入を見逃さない
 ・広範囲(半径約8m)の野生動物接近を検知
 ・柵が設置できない川や用水路周辺の切り抜き部分にも設置可能

(5)ヒトと野生動物との共生へ
 野生動物を傷つけず、お互いの生活圏を“すみ分ける”

※詳しくはカタログをダウンロードください。

関連動画

動物被害対策装置「YOKEMOT」
・センサーが動物を検知し光・音・薬液(ニオイ)のトリプル効果で近づけない
・電源工事不要で設置場所を選ばず、設置も簡単
・薬液はハバネロ成分由来で作物に安心
・野生動物を傷つけず、人と動物の生活圏を“すみ分ける”

<製品仕様>
検知範囲360°と180°の2タイプ

1.AEM-TR02型
・センサー検知範囲:半径8m、360°
・本体サイズ:305mm(対辺)×105mm(高さ)

2.AEM-TR03型
・センサー検知範囲:半径8m、180°
・本体サイズ:650mm(奥行)×200mm(奥行)×260mm(高さ)

共通事項
 ・機能:光・音・薬液噴射で野生動物を威嚇
 ・センサー:赤外線センサー 明暗検知機能付きで夜間のみ作動
 ・威嚇光:青色LEDライト(発光出力 6W)
 ・威嚇音:電子ブザー(89dB/50cm)
 ・薬液噴射:半径4m、検知角と同様の噴射角
 ・電源:12Vバッテリー(ソーラーパネル充電)

※詳しくはカタログをダウンロードください。
※試験設置をご希望の方はお問い合わせください。
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 <用途>
列車と動物との接触事故を防ぐ
 ・線路への野生動物の侵入を防ぐ
 ・柵(電気柵、鉄柵)出入口など開口部からの侵入対策
 ・忌避剤散布の自動化


<実績>
 ・地方自治体(農業):野生動物による食害対策として
 ・ゴルフ場:イノシシによる芝の掘り起こしや、シカによる踏み荒らし対策として
 ・鉄道:野生動物が線路内侵入することによる接触事故対策として

大手鉄道会社やゴルフ場で導入され、「被害が減少した」と喜びのお声を頂戴しています。

関連ダウンロード

列車接触事故を防ぎ、すみ分ける『野生動物対策装置YOKEMOT』

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

スターライト工業株式会社

ページの先頭へ