太洋基礎工業株式会社

液状化対策工法『OHOドレーン工法』

最終更新日: 2016-09-15 09:01:09.0

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

残土・泥水処分不要!ドレーン材を削孔と同時に埋設を可能とした工法
『OHOドレーン工法』は、掘削した土砂を地表に排出することを抑え、削孔完了と同時に排水材となるドレーン材を、所定の深度に埋設できる同時埋設工法です。

液状化の可能性の高い地盤にドレーン材を埋設して、地震時に発生する過剰間隙水圧の上昇・蓄積を消散して、地盤の液状化防止を図ります。
削孔水及び添加剤を使用しない無水削孔が可能で、クリーンな施工ができます。

【適用例】
■建物・地下構造物の基礎地盤の液状化対策
■マンホール液状化対策

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連情報

液状化対策工法『OHOドレーン工法』
液状化対策工法『OHOドレーン工法』 製品画像

【特長】
■掘削用ロッドをドレーン材に内蔵したアースオーガ―により所定の深度まで削孔し、ドレーン材を残置することで基礎地盤の液状化を防止できます。
■ドレーン材同時埋設により、ケーシング削孔、打ち留め管理及びロッドの引抜きのみの作業となり、作業効率が向上します。
■掘削ロッドと継がれている先端ヘッドは、掘削推進機能とドレーン材の浮き上がりを防止する機能とを備えています。
■削孔に水や添加材を使用しないため、泥土等の法で定められた産業廃棄物の処理が不要です。
■ドレーン材埋設は鉛直・斜め施工ができます。
■既設宅地、道路、インフラ、構造物周辺及び狭小・狭隘部における施工が可能です。
■施工中の騒音・振動がほとんどないため、市街地での施工が可能です。

※詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

太洋基礎工業株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ