テカンジャパン株式会社

【Spark 導入事例】ザルツブルグ大学 光力学的不活性化研究室

最終更新日: 2018-02-14 17:45:54.0

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

コストを抑えながら作業効率が4倍に!「Spark」の導入事例をご紹介
ザルツブルグ大学の光力学的不活性化研究室では、ヒトの健康に光感受性物質を
利用する技術を研究しています。

活性酸素種(ROS)には、おもな病原体や癌細胞を死滅させる能力があるため、
多様な光活性化合物を用いてROSを生成し、これを食品の汚染除去から医療までの
幅広い分野で利用しようとしています。

同研究室では、細胞が取り込む光感受性物質の量を評価する作業で『Spark 10M リーダー』を使用。
すべての感光性分子は、経時的な細胞内濃度を蛍光測定によって追跡できます。
環境を管理しながら測定チャンバー内で培養プレートをインキュベートできるため、実に便利です。

また新しい「Te-Cool 冷却モジュール」を使用することで、一部の予備実験も可能に。
微生物がヒトの体外に置かれた場合の状態を模倣し、PDIを表面汚染の除去に
利用する方法を研究できるようになりました。

【事例】
■導入先:ザルツブルグ大学 光力学的不活性化研究
■導入製品:「Spark 10M リーダー」

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連情報

【Spark 導入事例】ザルツブルグ大学 光力学的不活性化研究室

【導入メリット】
■細胞の均質性を維持するとともに、培地を一定の温度に保つことで密度の均一性も確保
■装置にスタッフが付き添い、プレートに細胞をピペッティングする手作業が不要に
■作業の効率は4倍に向上
■試薬の消費量も低減するため、コストを抑えながら短時間で従来と同じ実験結果が得られる

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

テカンジャパン株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
動機  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ