テカンジャパン株式会社

【FreedomEVO 導入事例】オーストラリア眼科研究センター

最終更新日: 2018-02-14 17:45:54.0

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

変性眼疾患治癒への道。「Freedom EVO」導入事例をご紹介
1996年に創設されたオーストラリア眼科研究センター(CERA)は、
公衆衛生や臨床疫学を最先端の研究成果と組み合わせ、眼疾患の原因解明と
新たな治療法の開発を目指す機関です。

神経再生研究ユニットと臨床遺伝学ユニットが人工多能性幹細胞(iPS細胞)を
用いて緑内障や加齢性黄斑変性症(AMD)、遺伝性網膜ジストロフィーといった
失明に至る疾患の細胞モデルを作成し、治療法を模索しています。

幹細胞株の樹立後の課題は、この細胞培養を維持するための信頼性の高い
プロトコールを確立することでしたが、手作業によるこの作業は煩雑で
時間がかかりました。

そこで導入したのが、84プレートのLiCONiCインキュベータを搭載した
カスタムメイドの無菌作業向け『Freedom EVO システム』でした。

【事例】
■導入先:オーストラリア眼科研究センター(CERA)
■導入目的:スタッフを単純作業から解放し、培養細胞のばらつきを極力抑える
■導入製品:「Freedom EVO システム」

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連情報

【FreedomEVO 導入事例】オーストラリア眼科研究センター
【FreedomEVO 導入事例】オーストラリア眼科研究センター 製品画像

【導入メリット】
■研究用に大量の細胞を供給可能に
■導入後数か月間で作製したiPS細胞株の量は、それ以前の数年間を上回るほど

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

テカンジャパン株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ