トーニック株式会社

NEW
おすすめ情報
ダクト常設型 風量検出器ダクトメータ【一般空気用/耐薬品性】 製品画像
ダクト常設型 風量検出器ダクトメータ【一般空気用/耐薬品性】
24時間365日、常に風量測定が可能!産業空調や装置の風量監視に好適!
最終更新日:2018-08-29 14:07:53.0

最新ニュース

注目製品情報

  • 『熱式超小型 貼付型 風速風温プローブ』 製品画像
    『熱式超小型 貼付型 風速風温プローブ』
    『熱式超小型 貼付型 風速風温プローブ』は、トーニック風速計とセットで 風速0.1~10m/sもしくは0.3m/s~30m/sの範囲において指示値の±3%±0.1m/sと高精度です。 各プローブはテープを台座に貼って測定したいポイントに貼り付け。 取付治具は不要です。 また「QB-5」は、台座からの高さが5mmと小さいので、機器筐体内の 風の流れや風速分布を検証するのに適しています。 多点風速計測・出力ユニットと組み合わせれば、最大256点の風速分布が正確に測定できます。 【特長】 ■熱式超小型 ■高精度 ■取付治具は不要 ■多チャンネル風速計もご用意 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • ダクト常設型風量検出器 ダクトメータ DMS-N1 製品画像
    ダクト常設型風量検出器 ダクトメータ DMS-N1
    ダクトメータDMS-N1シリーズは、工場の給排気ダクトや装置に風速風温プローブを設置し、 指示計にて風量を監視、風量値をアナログ出力が可能な風速風量検出システムです。 従来はハンディ風速計を用い作業者が測定箇所に赴き、ダクトに風速プローブを挿入、様々なポイントの風速を測定して記録し風量に演算しておりましたが DMS-N1は24時間、365日常に風量を測定することができる風量検出器です 風速センサは一般空気用のセンサだけでなく、半導体工場や製薬工場や研究施設の排気風量も長期間監視できる、耐薬品性を持った風速風温プローブもあります。
  • 自動車・建築機械業界向け高温用多点風速風温計測システム 製品画像
    自動車・建築機械業界向け高温用多点風速風温計測システム
    ●ラジエーターを通過する風の風速分布やエンジンルーム内の風速分布を  最大256点まで測定可能です。風速測定範囲は0.2m/s〜30m/sまでを  センサと多点風速出力ユニットで測定します。  (温度範囲は0℃〜120℃) ●センサ部は熱式風速センサと風温センサをステンレスケースに取り付け可能。エンジンルーム内の測定ポイントにも簡単に設置可能です。 ●超小型風速・風温センサを配置するため、従来のプロペラ式に比べ  抵抗が小さく、ラジエーター表面の通過気流の風速風温分布も測定  可能です。  また、当社製品は国内(自社)で製作、校正しておりますので修理・  再校正などのメンテナンスも迅速に対応いたします。 ●センサの校正は、当社校正風洞とトレーサビリティの整った校正シス  テムでケースにセンサを配置したまま校正しますので、高精度な測定  をお約束します。再現性の信頼性も高い、自動車業界向けの多点風速  風温計測システムです。

ページの先頭へ