東邦電気株式会社

製品・サービス

製品・サービス一覧

計器スペース接続器具 (1)

スマートメーター化に伴う計器等の撤去で切り離される電線の中継接続用。

詳しく見る
スマートメーター用無停電バイパス工具 (1)

スマートメーターへの取替工事において、無停電で取替作業が行えるよう開発された工具です。

詳しく見る
リレー (2)

アンペア制用ブレーカの開閉技術とコイル・ソレノイド設計で培ったノウハウを生かしたパワーラッチングリレーです。

詳しく見る
電子式電力計 (10)

エネルギー管理や電力制御が可能なデマンド・コントローラー、多彩な機能を搭載した電力計、コンパクトで取り付けも容易な電力計等、幅広いニーズにお応えするため、ラインナップも豊富に取り揃えております。付属のソフトウェアを使用することにより、現在の電力量など各種情報を、パソコンにてリアルタイムで確認することも可能です。「電気の見える化」によるスマートなエネルギー管理を実現する一助として、TOHO電子式電力計をご提案させて頂きます。

詳しく見る
ソレノイド (2)

多様なニーズに応える柔軟性と基礎技術力が、産業界を支えています。
コイル、ソレノイド、電磁石などは、人が電気を使い始めた時代から存在する、最も基礎的な技術です。だからこそ、無限の用途や応用の可能性があり、ニーズもまた多種多様であり、無限です。長年の実績とノウハウ、磁場解析を駆使した設計と提案が、こうしたニーズに柔軟に応え、お客さまの求めるものを実現に導く手助けとなっています。

詳しく見る
電磁石 (3)

多様なニーズに応える柔軟性と基礎技術力が、産業界を支えています。
磁性体(鉄など)の吸着や磁界発生などに使用します。 永久磁石を電磁石に置き換えることで、吸着力や発生磁界を電流でコントロールできます。

詳しく見る
コイル (2)

多様なニーズに応える柔軟性と基礎技術力が、産業界を支えています。
コイルとは、鉄心なしの巻線のみで、磁界を必要とする場合に使用します。ソレノイドや電磁石の中にも使われています。
電線を巻いただけのものや、樹脂で固めたものなどがあります。

詳しく見る
ブレーカ (6)

徹底した品質管理と技術開発が、ご家庭の電気の安全を守り続けます。 私たちは 1955年(昭和30年)創業以来、アンペア制用ブレーカメーカーとして半世紀以上、世の中にブレーカを送り続けてきました。おかげさまで、製品の品質、企業の信頼性など長年にわたり高い評価を頂いております。

詳しく見る
溶接 (2)

整備された品質管理体制に基づき、試作品、特注品から量産品まで、小物から大物まで短納期対応致します。板金、機械加工~溶接~塗装~組立の一貫製作も対応可能です。

詳しく見る
機械加工 (2)

【保有設備】
ターニングセンター(森精機NL1500Y) 2台
NC旋盤(高松機械X-10) 1台
CNC自動旋盤(シチズンA12-VP) 1台
CNC自動旋盤(ツガミBS205HB) 1台
汎用旋盤 3台
汎用フライス 2台
ボール盤 4台

【材料】
・鋳物(アルミ、鉄など)
・鉄(ケイ素鋼など)
・ステンレス(SUS403、430、KM材など)
・真鍮、銅、樹脂

詳しく見る
水道連結型スプリンクラー設備 (2)

当社では、特定施設水道連結型スプリンクラー設備(乾式)を取扱っております。停電時も作動するバッテリー内蔵式。水道管を利用するため、ポンプ・タンクを設置するスペースを確保する必要がなく、省スペースなうえ低コストを実現します。

詳しく見る

注目製品情報

  • 【感震機能 付き】ブレーカスペース接続器具 製品画像
    【感震機能 付き】ブレーカスペース接続器具
    ●一般財団法人 日本消防設備安全センターにより、 消防防災の分野において有効に活用できる消防防災 製品等として推奨されました。 ●地震検知機能と開閉機能の一体構造 ●電流制限器撤去後の空きスペースに設置可能 ※分電盤の交換・ボックス増設は不要です ※特殊な工具や電線の加工は必要ありません ※設置の際には電気工事士の有資格者による電気工事が必要です。
  • 配線が複雑な箇所も1台で計測OK!多回路電子式電力計『PA60』 製品画像
    配線が複雑な箇所も1台で計測OK!多回路電子式電力計『PA60』
    多回路電子式電力計『PA60』は、1台で複数系統の電力計測ができ、 省スペース・低コスト化を実現可能。 産業施設や商業施設など、使用電力が多い施設で活躍します。 低電圧回路または、中・高電圧回路の2次側まで対応可能なほか、 1%以下(力率1.0)の高精度な計測が行えます。 【特長】※詳しくはカタログをご覧ください ■三相の場合4回路、単相の場合12回路の測定が可能 ■多様な配線と構成のカスタマイズが可能 ■クランプ型CTで容易に設置可能 ■RS485をサポート ■通信モジュールの拡張が可能(3rd RS485)

ページの先頭へ