ティー・ピー・ティー株式会社

2014-04-18 00:00:00.0

掲載開始日:2014-04-18 00:00:00.0

製品ニュース

LynuxWorks社製品の取り扱いを開始しました。

防衛/航空宇宙分野・アビオニクスの組込みシステムに多用されているハード・リアルタイムOSの取り扱いを開始しました。
特にLynxOS-178はFAA(米国連邦航空局)が承認したソフトウェア・コンポーネントで、RTCA(米国航空無線技術委員会)の定めたDO-178B Level Aの要求に適合しています。これは利用することで多くのプロジェクトにおいて追加承認が不要になります。

関連製品情報
LynxOS-178

ハードリアルタイムOSで、唯一のDO-178BおよびEURO-CAE/ED-12B LevelAの要求を保証するOSです

LynxOS-178はFAA(米国連邦航空局)が勧める再利用可能なソフトウェア・コンポーネントで、RTCA(米国航空無線技術委員会)の定めたDO-178Bの要求に適合しています。これは多くのプロジェクトにおいて追加承認の必要無しでLynxOS-178を利用することを可能にします。

LynxOS

世界中のデバイスで採用多数!迅速な処理と安定性!デッドライン内での処理を保証

当社が取扱う『LynxOS 7.0』は、高負荷のマルチタスクを高速かつ確実に 決められた時間内で処理できる、ハードリアルタイムOSです。 航空宇宙、防衛、産業、医療など、様々な組込み業界で活用されています。 非常に複雑なI/O要求に対しても、安定したパフォーマンスを発揮し、 ネットワーク性能と安全性の向上に大きく貢献します。 【特長】 ■割り込み遅延、コンテキスト切り替え時間を最小限に抑える ■複雑なタスク処理でも安定した動作を保証 ■POSIX完全互換!Linux、UNIX、Solarisと同様のオープンなAPI ★実際にお試し頂けるデモを実施中です!「お問合せ」よりお申込み下さい★ ※製品の詳細はカタログをご覧下さい。お問合せもお気軽にどうぞ。

関連カタログ

ハードリアルタイムOSで、唯一のDO-178BおよびEURO-CAE/ED-12B LevelAの要求が保証されているOSです

LynxOS-178はFAA(米国連邦航空局)が勧める再利用可能なソフトウェア・コンポーネントで、RTCA(米国航空無線技術委員会)の定めたDO-178Bの要求に適合しています。これは多くのプロジェクトにおいて追加承認の必要無しでLynxOS-178を利用することを可能にします。

デッドライン内に処理の終了を保証するハードリアルタイムOS LynxOSはIntelとPowerPC アーキテクシャーに対応

LynxOS 7.0はデッドライン内に処理の終了を保証するハードリアルタイムOSです。フットプリントが小さな組み込みカーネルにPOSIX準拠のAPIを提供しています。LynxOSはSMPに対応しており、マルチコア/マルチスレッドプロセッサを完全に活かすことができます。 LynxOS は今日利用できるハードタイムリアルタイム OS の中で最もオープンです。 LynxOSのネイティブ・インターフェースはLinux、UNIXおよびSolarisと同様です。

お問い合わせ

ティー・ピー・ティー株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ