ティー・ピー・ティー株式会社

高精度シンクロ・レゾルバ信号発生器 5330A

最終更新日:2018-04-20 16:01:44.0

  • カタログ

次世代型シンクロ・レゾルバ信号発生装置。ハイブリッド・システムの開発に適しています。

旧モデルである5330と比較し、2チャンネルのモデルまで用意されており、L−L出力、周波数、回転速度の範囲が大幅に拡張されましたことにより、従来の航空機、船舶は元より、ハイブリッド・システム向けに開発されたレゾルバ・センサーを使った装置の開発にも御使いいただけるようになりました。
オプションでリファレンス電源が内蔵可能です。

高精度シンクロ・レゾルバ信号発生器 5330Aの製品画像です
高精度シンクロ・レゾルバ信号発生器 5330Aの製品画像です
高精度シンクロ・レゾルバ信号発生器
精度:±0.003°
角度分解能:0.001°
チャンネル数:1 または、2 チャンネル
リファレンス入力:2Vrms − 115Vrms
リファレンス出力:2Vrms − 115Vrms(オプション)
L−L出力:1Vrms − 90Vrms
周波数:47Hz − 10KHz
動作モード:シンクロ/レゾルバ
回転:(CW&CCW):連続、周期、インクリメント
回転速度:(最大)16,620rpm(>360Hz)
複速モード:2 − 225(2CHモデル)
インターフェース:IEEE−488、USB、イーサーネット
寸法:88.9H × 241.3W × 317.5D
重量:2.72Kg
動作温度:0℃ − 50℃
保存温度:0℃ − 70℃
推奨校正間隔:1年間
価格 -
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
発売日 取扱い中
型番・ブランド名 Model 5330A
用途/実績例 航空機、艦船、特殊車両、アンテナ制御、原子力発電所、自動車・建設機械(ハイブリッド・システム)等、高精度な位置検出を必要とする装置。

関連ダウンロード

高精度シンクロ・レゾルバ信号発生器 5330A

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

Model 5330A

高精度シンクロ・レゾルバ信号発生器
精度:±0.003°
角度分解能:0.001°
チャンネル数:1 または、2 チャンネル
リファレンス入力:2Vrms − 115Vrms
リファレンス出力:2Vrms − 115Vrms(オプション)
L−L出力:1Vrms − 90Vrms
周波数:47Hz − 10KHz
動作モード:シンクロ/レゾルバ
回転:(CW&CCW):連続、周期、インクリメント
回転速度:(最大)16,620rpm(>360Hz)
複速モード:2 − 225(2CHモデル)
インターフェース:IEEE−488、USB、イーサーネット
寸法:88.9H × 241.3W × 317.5D
重量:2.72Kg
動作温度:0℃ − 50℃
保存温度:0℃ − 70℃
推奨校正間隔:1年間

お問い合わせ

ティー・ピー・ティー株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
動機  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ