ティー・ピー・ティー株式会社

PCIE4L-1553

最終更新日:2014-04-15 18:18:20.0

  • カタログ

次世代の先進アビオニクス検査装置。

ALTA社のPCI Express PCIE4L−1553は、マルチ・チャンネル(1−4)に対応したMIL−STD−1553Bインターフェース・カード゛で、Dual Function(BC/Mon or mRT/Mon)とFull Function(BC/mRT/Mon)の2種類のカードタイプが用意されています。
カード内部には定評のある最新の32−bit 1553 FPGAプロトコル・エンジン AltaCoreが実装されています。
Altaが提供するライブラリ・ソフトウェアは階層構造化されたAltaAPIと共に各種O.Sに対応したドライバがソースコード付で提供されているため、お客様が作成されたアプリケーション・ソフトウェアを異なるカード上で動作させたり、異なるO.Sへの移植を容易にします。
オプションのバス・アナライザ・ソフトウェア AltaViewを使うことによりWindows上でのBC/mRT/Monの模擬及び1553信号の波形観測を行うことができます。

PCIE4L-1553の製品画像です
PCIE4L-1553の製品画像です
・1MB,32−bit High Speed QDR RAM per Channel
・Dual Function Model:BC/Mon or mRT/Mon
・Full Function Model:BC/Mon and mRT/ Mon
・Start−up,Loop−Back,User and Periodic BIT
・Dual Temperature Sensors
・Full TX Loop−Back Verification for BC and RT
・Digital Signal Generator − Bi−Phase Testing
・Full Error Injection Capability
・Full RT Protocol Validation Support
・Advanced AltaAPI and AltaView Analyzer GUI
・Avionics and RS−485 Discretes
・1/2 Size, 4 Lane & 1 Lane PCI Express 1.1 Compatiable
価格 -
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
発売日 取扱い中
型番・ブランド名
用途/実績例 2009年6月アメリカ航空宇宙局NASAは、国際宇宙ステーションで使われているバスの検証装置としてAlta Data Technologies社のRT Validation及びAltaViewを採用しました。

関連ダウンロード

PCIE4L-1553

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

eNet2-1553

eNet2-1553 は革新的な製品で、1553 デバイスの“遠隔”操作を 10/100/1000 イーサネット IP/UDP LAN を介して行うことができます。
eNet2-1553 は小型、低消費電力、耐環境向けのデバイスで、2 つのデュアル・リダンダント 1553(A/B)デバイスに対するリアルタイム・イーサ
ネット接続性を提供します。活動現場向けアプリケーションもしくは個別の実験用途として、1553 デバイスに遠隔接続するのに理想的です。

お問い合わせ

ティー・ピー・ティー株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
動機  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ