株式会社テックスイートジャパン (旧セニット・ジャパン)

バーチャル試運転システム 

最終更新日: 2023/07/08

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

カタログ発行日:2023/7/1
デジタル設備モデルをロボットコントローラー、PLCコントローラー、NCと接続することで制御ロジックと動作モーションを同時検証可能
国際標準規約OPC-UAをサポートしており、世界各社のロボットコントローラーやPLCコントローラーとSIL & HILでダイレクト接続が可能
実際の工場設備の据付と同じコンセプトを採用したメカニカルアダプター&エレクトリカルアダプター機能を標準装備。

効果:
•実機据付後に行われていたラダープログラム、動作確認を事前に実施することが可能、設備立上げ期間の短縮を実現。
•設備の故障・誤動作等の状況をバーチャル空間で再現させることができ、制御プログラムの異常処理プロセスを多岐にわたって検証
•制御プログラムの不具合による実機設備の破損や事故を未然に防止する

基本情報:
•シグナルマッピングとワイヤリング
•SIL (Software in Loop) サポート
•HIL (Hardware in Loop) サポート
•シェアード・メモリー機能の採用
•OPC-UA国際規約に準拠
•AutomationML国際規約に準拠
•挙動設備モデル(設備属性情報付与)
•PLC, VRC, CNCの混在環境での高速演算処理
•デジタルツイン対応のインフラストラクチャー

関連情報

デジタルファクトリー製品FASTSUITE Edition 2
デジタルファクトリー製品FASTSUITE Edition 2 製品画像
1)リソースビルダー
ロボット、加工機、コンベア、冶具などの生産設備は、スケルトンテンプレートを使って効率的にデジタル設備モデルとして定義され、カタログ化が可能。デジタル設備モデルは、3D形状だけでなく、キネマティックス、メカニカルアダプター、エレクトリカルアダプターで構成され、高パフォーマンスシミュレーションのために軽量化・簡略モデルとしてサポート
2)レイアウトビルダー
デジタル設備モデルを使ってワークセルやライン全体のレイアウト設計・検討を行うツールです。 ロボット1台の単一セルから複雑な自動化生産ラインに至るまですべてのデジタル設備モデルを論理的に結合。ピック&ドロップのロボット教示、シミュレート機能や到達性検討などの設備成立性検討も可能。
3)オフラインプログラミング
ワークピースに加工技法を定義するという「プロセスジオメトリ」の考え方を採用しており、加工対象の3Dデータを利用してロボットや加工機の動作を定義し、シミュレーション検証を行います。ロボットアーム先端に取付けられたガンツール情報から合致する加工技法が自動的に選択され、動作軌跡の最適化・自動化が可能となります。
アーク溶接ロボットオフラインプログラミング
アーク溶接ロボットオフラインプログラミング 製品画像
3D形状から簡単に動作パスを自動作成
*任意な部位でトーチ角度を指定して溶接パスを自動作成
*様々なCADフォーマットの入力が可能
*エッジ/線データの近接面から面直計算して溶接パスを作成
*アプローチ/リトラクトのパラメータ設定による自動ツールパス作成
*ツールパス補間機能にて溶接動作の最適化。
*トーチ交換した状態で溶接パスを作成することでトーチ交換のツールパスを作成する自動ツール交換機能。 

豊富なシミュレーション便利機能
*高性能干渉検出機能とエラーモニタリング機能
*溶接トーチを固定したまま外部軸を動かしてパスを作成する外部軸補間機能
*複数のロボットとポジショナーを使用した協調動作が可能
*スティッチ溶接機能を有効にすることで、自動的に設定したシームの長さで断続的な溶接ツールパスが作成することができます。
*ボックス溶接機能を有効にすることで、自動的にボックス溶接特有の溶接ツールパスが作成されます。
*ツールの向きが常に下向きになるように、外部軸に対して自動垂直補間計算される。



技術白書 デジタルツインファクトリー実現に向けて
技術白書 デジタルツインファクトリー実現に向けて 製品画像
最初の領域として、製造工程と生産準備作業の可視化及びその検証を可能にするものです。 このことはとても大事なことで、ほとんどの工場(生産ライン)は、ゼロから新規構築されるのではなく、現行の製造ラインを稼動させながら、部分的な工程変更や設備の入替え・再構築が実施されます。 そのこと自体は何も新しい事ではありません。 すでに多くのデジタルマニュファクチャリングソフトウェアが、部門ごとに長年使われて来ているからです。 但し、今までと違うことは、インダストリー4.0の考え方やコンセプトを現実工場とバーチャル工場の両方に埋め込むことで、現実工場で使われている全ての生産システム(設備・工程・加工属性など)を正確にバーチャル空間に再現することです。

それは、単なる3次元モデリングやキネマティックス(機構運動方程式)の忠実な再現だけでなく、製造ユニットのロジカル挙動や制御コントロールまでの再現を意味するものです。 故に、これをデジタルツイン工場とも言われています。  事前に定義・検証された製造プロセス全体を、機敏で自律管理能力を持った製造ユニットに変える唯一の方法になります。 
ロボットオフライン 入門講座
ロボットオフライン 入門講座 製品画像
ロボットシミュレーションは、産業用ロボットや治具の他、各種生産設備の3次元モデルを用い、ロボットの正確な動作シミュレーションを行うためのソリューションです。 製造工程への実機ロボットの適用検討を促進し、製造工程全体の最適化検証を通じて、現場現物による従来のライン立ち上げ期間を大幅に短縮化することができます。
溶接や組立などの製造ラインにおいて、実際の製品を使用せずに詳細なロボットティーチングを行うには、ロボットオフラインプログラミングが必要になります。 製品が完成していない段階でも製品の3Dモデルを利用してロボット及びその周辺装置の動作を事前に検証することが可能になります。
 また、複数のロボットが同時に動作するような加工工程では、実際のロボットや設備で検証を行うと干渉や衝突によって高価な設備を破損する恐れがあります。 ロボットオフラインプログラミングを使うことで設備の破損を回避することができます。  さらに、シミュレーション環境でロボット動作の最適化検討が可能になるだけでなく、オペレータ育成のための教育ツールとしても有効活用することができます。
バーチャル・コミッショニング(デジタル試運転検証ツール)
バーチャル・コミッショニング(デジタル試運転検証ツール) 製品画像
基本情報:
•シグナルマッピングとワイヤリング
•SIL (Software in Loop) サポート
•HIL (Hardware in Loop) サポート
•シェアード・メモリー機能の採用
•OPC-UA国際規約に準拠
•AutomationML国際規約に準拠
•挙動設備モデル(設備属性情報付与)
•PLC, VRC, CNCの混在環境での高速演算処理
•デジタルツイン対応のインフラストラクチャー

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社テックスイートジャパン (旧セニット・ジャパン)