上野鉄工株式会社

最新ニュース

注目製品情報

  • 立体加工・アート加工実績 『ステンレス球体』ほか/上野鉄工 製品画像
    立体加工・アート加工実績 『ステンレス球体』ほか/上野鉄工
    上野鉄工では、3次元レーザ加工機・6kwレーザ加工機など、最先端の加工機械・技術を駆使することによって、高品質な製品をローコストかつ短納期にてお届けすることを実現。どんなデザインでも、データがあれば加工が可能です。 【ステンレス球体の加工実績】 お客様よりステンレス球体に模様が切れないかというご要望を頂き、挑戦。球体を半分に割り、半球での加工に切り替え加工を実現しました。 今回は星型をデザインしましたが、データさえあればどんなデザインでも加工が可能です。 上野鉄工の6軸制御による加工機なら、このような立体加工も可能です。 加工についてお困りのことがございましたら、ぜひご相談ください! ※詳しくはカタログをダウンロード、もしくはお問い合わせください。
  • 《加工実績》ステンレス材の加工『ブリリアントカット』/上野鉄工 製品画像
    《加工実績》ステンレス材の加工『ブリリアントカット』/上野鉄工
    ひと昔前のステンレスのレーザ切断は酸素切断。 今はクリーンカットが常識。 当社はクリーンカットに高精度・高品質をプラス! SUS304・16mmの加工品写真の断面には映り込みが入るぐらい綺麗な切断面です。 加えて、切断面の倒れ精度は0度に限りなく近くなっています。 機械加工の一つ山レベルはレーザ切断そのままでもクリアーできます。 寸法制度も±0を日々目指しております。 お客様には当社の製品を使うと『他の所のは使われへんわ』とうれしいお声を頂いております。 【ブリリアントカットの特長】 ○酸化膜の発生を防止できるため、切断面の粗さが低減 ○切断面の硬化が小さく、後の研磨加工が容易に行える ○溶接性・塗装性に優れ、後工程が不要 ○耐食性に優れ、錆の発生無し ※詳しくは、カタログをダウンロード、またはお問い合わせ下さい。
  • 『レーザ加工・機械加工・溶接・仕上げ』の一貫製作/上野鉄工 製品画像
    『レーザ加工・機械加工・溶接・仕上げ』の一貫製作/上野鉄工
    加工事例はSUS304・22mmの研磨材料を『レーザ加工 → マシニング加工 → R曲げ加工 → マシニング加工(H7)→ 仕上げ』まで当社で一貫製作。 レーザ加工品を主に製造・販売しておりましたが、新たにマシニングセンタを導入することにより、当社で完成品までの製作が可能になりました。 お客様の横持ちが無くなり、『コスト削減・納期短縮・高品質!』で喜んで頂いております。 ※詳しくは、カタログをダウンロード、またはお問い合わせ下さい。
上野鉄工株式会社 ロゴ

上野鉄工株式会社について

《ROAD OF STEEL》 上野鉄工は世界に誇る鋼の加工技術を磨き続けます。
私たちの創業は1965年。製缶業・鋼製型枠製造からのスタートでした。
そして2003年。長年培った技術・ノウハウをもとにレーザ加工に特化した体制へ移行。
新生・上野鉄工株式会社が誕生しました。
図面を読み、お客様が望まれている『モノ』は何なのかを理解する。切断についても、ただ切るだけでなく、使用目的に合わせてお客様のかゆいところに手が届く製品をお送りする。
たかがレーザ加工品、されどレーザ加工品。私たちの製品にはそんな強い『想い』が込められています。
さらに、3次元レーザ加工機・6kwレーザ加工機など、最先端の加工機械・技術を駆使することによって、高品質な製品をローコストかつ短納期にてお届けすることを実現しました。薄い『モノ』から厚い『モノ』まで。
加工についてお困りのことがございましたら、ぜひご相談ください。社員スタッフ1人ひとりが技術の向上を日課とし、『金属加工なら、上野鉄工!』とのご信頼に応えるべく、日々精進します。私たちは、お客様と共に金属加工の『道(ROAD)』を極めていけるようなオンリーワンジョブショップを目指して走り続けます。

ページの先頭へ