ユニバーサルロボット

【協働ロボット導入事例】ワークの出し入れ・ネジ留め・検査の自動化

最終更新日: 2019/03/06

  • カタログ

0.1mmの反復可能性の精度!極めて低い電力消費量の協働ロボットの導入事例。

AUROLABは、インドの非営利の医療組織であり、世界130ヶ国以上の
国々に製品を輸出しています。

眼内レンズの生産工程全般、またコンポーネントのマテリアルハンドリングや
ピック・アンド・プレイスなどのタスクにおける精度と正確性が極めて
重要であり、ロボットは、スタッフが安全かつ快適に作業できるもので
なければなりませんでした。

【自動化の課題を克服】
■柔軟性、生産性、信頼性の求められる重要な作業に対応
■生産性と品質の向上
■ROI、2年未満

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

【決め手】
■0.1mmの反復可能性の精度
■簡単、安全、本質的な共同性
■極めて低いランニングコスト - AMCが不要で、極めて低い電力消費量
■スペースに制限がある場所でも、ケージいらず(アプリケーションリスク評価の対象)で動作可能

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 【協働ロボットが解決した作業】
■マテリアルハンドリング
■ピック・アンド・プレイス

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連ダウンロード

【協働ロボット導入事例】ワークの出し入れ・ネジ留め・検査の自動化

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

ページの先頭へ