ユニバーサルロボット

【協働ロボット導入事例】梱包プロセスでのピック・アンド・プレイス

最終更新日: 2019/04/02

  • カタログ

プロセスライン上で繰り返される骨の折れる動作を排除。支出を減少させました。

パイプタバコ生産の世界最大級の工場である Scandinavian Tobacco Groupは、
従業員に骨の折れる繰り返し作業をさせたくないと考えていました。

明確な解決策として、人間工学的に好ましくない作業を自動化する
ロボットを取り付けましたが、問題がありました。
それは、工場内にロボットを仕切る余地がない事でした。

そこで同社では、ユニバーサルロボットのロボットを選択。
これによりセットアップとコストの両方が大幅に簡素化されました。

【決め手】
■プログラミングが容易
■セットアップが早い
■柔軟性のある導入
■協働的で安全
■迅速は資本回収

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

【協働ロボットが解決した作業】
■梱包およびパレタイジング

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連ダウンロード

【協働ロボット導入事例】梱包プロセスでのピック・アンド・プレイス

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

ページの先頭へ