ユニバーサルロボット

【協働ロボット導入事例】ピック・アンド・プレイス、CNCの自動化

最終更新日: 2019/04/02

  • カタログ

人材の需給ギャップを埋め、シフトの能率を高めるためにUR10を活用しました。

STAMIT社は機械加工の会社で、毎年4,000種類を超える加工品を製造しています。

同社では既存顧客と新規顧客からの受注が増加し、注文品の柔軟な配送と
品質管理の点で厳しい状況にありました。

そこで、多品種少量生産ラインにUR10ロボットを導入。

それにより、人員の配置が困難であった第3シフトの作業をロボットで
処理できるようになりました。

【自動化の課題を克服】
■生産の部分的自動化の必要性
■製品:光学業界、印刷業界、包装業界、ヘルスケア業界向けの部品
■作業場の安全のリスク評価
■便利なグリッパーの設置
■異なる部品を生産するための迅速な再配置
■有資格の従業員に代わる手段

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

【決め手】
■技術的な問題によるダウンタイムがなくなる
■生産効率の向上
■従業員3名がルーチンの反復作業から解放
■新規注文に対応可能な高い柔軟性
■安全や組織変更のための費用が安く済み、投資回収期間が短縮

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 【T協働ロボットが解決した作業】
■CNCマシン・テンディング
■電動グリッパーを使った作業
■CNCツーリング・センターへの原材料の投入と交換
■CNC装置の制御
■完成部品のピック&プレース

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連ダウンロード

【協働ロボット導入事例】ピック・アンド・プレイス、CNCの自動化

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

ページの先頭へ