ユニバーサルロボット

【協働ロボット導入事例】マシンテンディング、CNC作業の自動化

最終更新日: 2019/04/02

  • カタログ

消防ホースのバルブの生産で迅速な投資回収期間を実現しました。

消防向けの備品メーカーであるTASK FORCE TIPSは、スピンドルの時間を
短縮し、製品の品質の一貫性を保ちつつ、人間による操作が必要な
機械加工セルをさらに複雑な作業に組み込み、最大限に活用したい
と考えていました。

そこで、作業間で柔軟に導入できるユニバーサルロボットを選択。

4台の協働ロボットが、TASK FORCE TIPSの希望を叶えるソリューションと
なりました。

【解決された自動化における課題】
■より複雑なタスクのために人員が解放される
■稼働停止時間がなくなる
■製品品質の向上
■柔軟性のある自動化が実現
■投資回収期間:34日

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

【決め手】
■プログラミングが容易
■協働的で安全
■投資回収期間:34日
■柔軟性のある導入

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 【協働ロボットが解決した作業】
■CNC
■マシンテンディング
■バリ取り

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連ダウンロード

【協働ロボット導入事例】マシンテンディング、CNC作業の自動化

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

ページの先頭へ