ユニバーサルロボット

【協働ロボット導入事例】ピック・アンド・プレイスの自動化

最終更新日: 2019/04/11

  • カタログ

スピーカー振動板のピック&プレース作業やスプレー塗装に活用しました。

主にドイツで製造を行う老舗企業beyerdynamic社は、音響機器の生産性向上と
品質改善を同時に実現するため協働ロボットを導入し、スピーカー振動板の
塗装に活用しています。

自動化にあたっては、まず作業をハンドリングと塗装の2つの段階に
分けました。ピック&プレース作業では、Robotiq社製リストカメラと
2指グリッパーを取り付けたUR5ロボット1台が、溶接した
ヘッドフォンスピーカーをロータリーモーターに配置します。

次にスプレーガンを持ったUR3が、振動板を塗装する作業を行います。
コボット採用以来これまでにこの作業の生産性は50%拡大し、同時に品質も
大幅に向上しました。

【自動化の課題を克服】
■マイクロフォン
■ヘッドフォン
■カンファレンス・テクノロジー

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

【決め手】
■精度
■安定した品質
■柔軟性
■対費用効果
■協働しやすさ・安全性
■プログラミングの容易さ
■設置が短時間で完了

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 【協働ロボットが解決した作業】
■ピック&プレース
■スプレー塗装

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連ダウンロード

【協働ロボット導入事例】ピック・アンド・プレイスの自動化

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

ページの先頭へ